スノウアクティビティ三種(1/26) 開催のお知らせ

今季も恒例のXCスキーイベント、スノウアクティビティ(SAO)を1月26日(土)より開催いたします。

今季の男鹿半島は、ありがたいことに大雪に見舞われることにもなく穏やかな天候で推移してますが、代わりに雪がありません。
ということで、今年最初のSAOは三種町は上岩川にてスタートさせたいと思います。

こちらは男鹿半島に比べて幸が豊富で、かつ道幅が広く急な傾斜も少ないので初心者の方でも滑りやすいコースになります。

そして昼食はCAO加茂青砂のBBQでお馴染みのペコリーナの吉田シェフによる特製ランチとなります。

昨年の冬も、ホットでボリューミーな昼食を用意していただきましたので、今年も大いに期待してください!
(写真は昨年のメニューです)

●開催日:2019/1/26(土)
●集合場所:道の駅ことおか 駐車場(秋田県能代市鰄渕字一本柳97-1)
●参加費:3,500円(昼食、XCスキー、保険代含む)
     2,500円(飲食のみ)
●集合時間 9:30
●会場 三種町県道37号付近(当日の積雪具合で決定します)。

●お申し込み方法
メール(infogalia@ogalia.com)またはFacebookにてお願いいたします。

★★★必ず身長と足のサイズをお伝えください。★★★

●定員 15名

※このイベントはXCスキーと食の体験型イベントです。参加費はすべての内容を包括した体験の値段となっています。より楽しく、柔軟にイベントを企画するためにご理解頂きますようお願いします。
頂いた個人情報は厳重に管理し、おがーりあでのイベント以外では使用しません。

※ 雨、猛吹雪以外は開催予定ですが、参加者が少数であった場合は、スキーレンタル代(1,000円)のみでの練習会に変更する場合もありますので、ご了承ください。
積雪の状態によっては、場所の変更や、他のアクティビティへの切り替えなど、柔軟に対応する予定です。

※ XCスキー、靴、ストックは貸出いたしますので、身長と足のサイズをお知らせください。
スパッツがあると、靴の中に雪が入らず快適ですので、お持ちの方はご持参ください。

●XCスキーの貸出
スキー、ストック、スキー靴は主催者で用意いたしますが、ご自分のものをお持ちの方はご持参ください。

用意するスキーは、雪上散歩用の滑り止め付き板です。
レーシングスキー、山スキー(滑り止めつき)の試乗も可能ですので、ご相談ください。

お申し込みの際に、身長と靴のサイズをお知らせください。
身長にあった長さのスキー、ストックと、スキー靴を準備いたします。

●服装
歩くスキーなので、汗をかきます。
汗を吸わない素材の手袋(ウール、フリース等)ご用意ください。皮手袋、軍手、ゲレンデスキー用手袋は不可です。
毛糸の帽子等、耳が冷たくない帽子をご用意ください。
体が温まったら薄着になれるように、重ね着できてください。(例:サイクルウェアの上に風除けになる上着、オーバーズボン着用)
肌着等の着替えもご用意ください。

サイクルウェアを流用する場合は、厳寒用をご準備ください。
厚い靴下は靴擦れの原因になります。
化繊等の汗を吸いにくい、あまり厚くない靴下をご着用ください。
履き替え用もご持参ください。

スキー靴の上から装着して、足首から太ももをカバーするスパッツがあると、靴に雪が入りにくく快適です。
作業服屋なら1,000円前後、山用品屋でも3,000円くらいで購入できます。

●開催フォーマット
今までと同様、朝一番で集合して、午前中いっぱい雪の上でXCスキーを楽しみます。

XCスキーは、滑るペースによって体への負荷を自由に調整できるので、どなたでも自分のペースで楽しめます。

ペースを上げてスピードを出して滑れば、心拍いっぱいまで負荷を上げられますし、ゆっくり歩くほどのペースで滑れば、早足で歩いてる程度の負荷で続けられます。

スキー板の裏面に逆滑り防止の加工が施してあるので、スピードに関わらず上り坂も変わらず進んでいけるので、雪上を自由に動き回れるのが醍醐味。

その後、休憩場所に移動して昼食です。
昼食の内容によって参加費が変わりますので、ご確認の上お申し込みください。

●その他
クロスカントリースキーにもっと親しみたくなった方には、次回企画までの練習用として、スキーセットの貸し出しも検討しています。
貸出料として1,000円程度を予定しています。

サイクルアクティビティ男鹿 2018 vol.4 琴川


今回のCAOは、男鹿半島の秋恒例の梨園&珈琲ライド。

五里合中石の東山長十郎梨園さんにご協力願いまして、梨園の中で、梨の木の下で、たくさん梨を食べていただくライドになります。

今年は台風被害などもあり果樹農家さんは大変のようですが、風にも負けずに育った美味しい梨を、いっぱい食べていって、文字通り食べて応援していきましょう。

※靴をご用意ください
なお、SPD-SL等の歩きづらいシューズの方は必ず靴をご用意ください。
梨園の中は100mほど未舗装路を歩きますので、サポートカーに靴を積んで持っていきます。

その後は、いったん脇本側に回り込みまして、ひょいっと寒風山へ。
秋のすっきりした寒風山からの風景を堪能しましたら、滝川方面に下り、そこから五里合琴川へ。

こおひい工房珈音では、グルメストアフクシマ謹製の和牛カレーに、自家焙煎の珈琲(他ドリンクも可)のセットに、今回は梨をベースにした特製デザートをプラス。

秋は恵みの季節ですので、梨に、カレー、珈琲にデザート、そして寒風山の上からの秋の眺めも、たっぷりお楽しみくださいませ。

●コースマップ

●日程 :2018年9月30日(日曜)
●集合 :9時00分 男鹿市脇本クロネコヤマト脇の駐車場に集合
    (秋田県男鹿市脇本脇本石館46)
●目的地:五里合中石、五里合琴川
●解散 :15時00分 スタート地点で解散の予定

●定員 :10名程度
●参加費:3,000円
●自転車:スポーツサイクル(ロードバイク、クロスバイク、マウンテンバイク、ランドナー、等)

●歩きづらいシューズの方は靴をご持参ください。

※お願い
お申し込みは9/27(木)までお願いします。
また、悪天候が予想され開催中止の場合も9/27(木)までに決定してお知らせいたします。

※サポートカー
今回もサポートカーを用意しまして、全体の様子を見ながら移動します。
クーラーボックスも積みますので、食料含め若干の荷物を預けてもらって結構です。
怪我、病気(熱中症等)時の対応、急ぎの搬送も行います。

●申し込み方法
メール、お電話もしくはFacebookにてお申込みください。
その際、お名前、住所、連絡先電話番号、メールアドレス、自転車の種類(ロードバイク、MTB等)をご連絡ください。

メールアドレス:infogalia@ogalia.com
電話番号:090-5357-4891
Facebook:おがーりあイベントページ

●保険について
サイクルアクティビティ男鹿では、日常的にスポーツバイクに乗られる方々には、個人的に通年の自転車保険に加入することを推奨しております。
いくつかオススメの自転車保険をピックアップしておりますので、ご参考に。

・au損保 自転車保険「Bycle」
http://www.au-sonpo.co.jp/pc/bycle/

・ドコモ サイクル保険
https://www.nttdocomo.co.jp/service/convenience/insurance/cycle_insurance/

・CYCLE 自転車の保険
http://www.hokende.com/lpo/cycle/

・チューリッヒ・スーパー自動車保険(自転車の特約)
http://www.zurich.co.jp/direct/auto/compensation/other/living.html

●その他
・必要なモノ
 自転車に乗る服装で、ヘルメット、グローブは必ず装着してください。
 整備された自転車で、ライト、ベル、後方反射材等の装備をお願いします。
 飲み物(水、スポーツドリンクなど)
 食べ物(必要に応じて)
 タオル、日焼け対策等は任意で。

 他にも必要と思うものは持参ください。荷物になる場合は車に積みますので。

●年間スケジュール

4/22 (SUN) CAO大潟
6/ 3 (SUN) CAO北浦真山
6/24 (SUN) CAO門前
8/26 (SUN) CAO加茂青砂
9/30 (SUN) CAO琴川

サイクルアクティビティ男鹿2018 Vol.3 加茂青砂 フォトレポート

8/26(SUN)、サイクルアクティビティ男鹿 加茂青砂を開催いたしました。

開催いたしました…と書きましたが、実は天候悪化の影響を受けてライドは中止。
南磯から西海岸、加茂青砂の絶景は今回はおあずけ。
BBQのみを開催することに変更いたしました。

場所は、大潟村にある「おやすみどころ あぜみち」。
おがーりあスタッフの農家さんの農作業小屋なんですが、大きくて広くて、農閑期はときどき交流の場として活用されている場所。
今回のような大人数での集まりにも、余裕で対応可能です。

急な変更にもかかわらず、なんと16名もの参加をいただきました。
本当にありがたいです。

加茂青砂で提供する予定でした、超すごい肉メニュー。
さらには、パスタに、サラダに、デザートのプリンと、ペコリーナ吉田シェフのプロデュースによるプロのBBQは健在。

ライドしながらいただく夏BBQもいいんですが、こうして雨降りの中で、自転車仲間と一緒にしっとりといただくBBQも意外といいもんです。
ときどきなら、こーゆーのもありですね。

今回は、残念ながらライドはなしの会になりましたが、こうした交流の場を設けていくのも、けっこう重要なんじゃないかと気付かされれる日でした。
いろんな話題も出ましたし、次回以降の開催に活かせるヒントや、次のステップみたいな話もチラホラ出てましたし。

ただし、天候急変に関しての対応に関しては、今回かなりドタバタしてしまったので、次はもっとスムーズに対応できるように決めておきたいと思います。
次からもよろしくお願いします!