「Il momento italiano@咲く✿咲く」フォトレポート

「イタリアをモチーフに、自由な発想を企画する」をコンセプトに活動している団体「おがーりあ」。これまでは主に秋田市・男鹿市で食イベントを開催してきましたが、今年度より、ご縁の出来た場所でイタリア的な視点を取り入れた企画を仕掛けていくことになりました。

その第2弾となるイベント会場は、能代市の「咲く✿咲く」。「Il momento italiano(イル・モメント・イタリアーノ=イタリアな時間)」と題し2回に分けての開催となりました。
IMG_6868

☆パート1 7月23日(土)能代の野菜でイタリアン

「常盤ときめき隊」の朝採り新鮮な野菜を使い、「おがーりあ」メンバーでもある吉田シェフ(@料理教室ペコリーナ)がオリジナルのイタリアンメニューに生まれ変わらせ、おがーりあテイスト満載のランチ会となりました。
IMG_6865
メニューは・・・
前菜…トウモロコシのフラン、能代野菜のしょっつるバーニャソース
ピッツァ…ホタテひもとモロヘイヤ、海苔のピッツァ
パスタ…自家製パンチェッタと夏野菜のカポナータ スパゲッティ
メイン…八幡平ポークのロースト、彩トマトのプッタネスカソース
デザート…生姜風味のパンナコッタ、メロンのコンポート添え、でした。
忙しい中、何とか撮れたお料理の一部をご紹介します!
IMG_6878 IMG_6880
美味しそうでしょう~!
こんなに彩りの良いお料理写真を見てしまったら、食べたくなっちゃいますよね?
というわけで、実は、この日は8月6日(日)に開催するパート2への腕慣らしも兼ねてのランチイベントなのでしたが、飛び込み参加もあり満員御礼。パート2への集客も、充分見込めそうな手ごたえを感じられるイベントとなりました。
IMG_6887
また、この日の能代は快晴!
夜には「能代の花火」が開催されるということで、「咲く✿咲く」まで自転車で来られた人には特別に、能代の花火升席に先着6名をご招待というオプションを付けてみました。
ランチイベントから花火までは時間があるので、自転車で近くを散策出来たら楽しいだろうなと思い、そっち系の方々の参加を見込んでいました・・・が!何と申込者ゼロ…(>_<;)
「咲く✿咲く」オーナーの能登さんに無理なお願いを聞いてもらったのに、非常に残念。。。
でも、ここでしょげていても仕方がありません。
せっかくの升席が勿体ないので、スタッフYが、ここぞとばかりに独占で楽しんできましたよ~♪

真ん前に上がる迫力の花火、結構な近距離で見上げていると首が痛くなるので、しまいには升席に寝っ転がり(笑)まるで花火が降ってくるような煌き・・・。
適度な風もあり、ひとつひとつの花火が紺色のキャンバスにくっきりと描かれ、お陰様で疲れが吹き飛ぶくらい贅沢な時間を過ごさせていただきました。
 
 

☆パート2 8月6日(土)おがーりあ夏祭り

前回のランチイベントで「おがーりあ」が提供する食イベントの手ごたえを感じつつ、改めて能代の役七夕で賑わう能代に潜入!「おがーりあ」プロデュース・イタリア的「縁」日の開幕です。

午前はメンバーである佐藤マスター(@こおひい工房珈音)によるコーヒー講座で、良い香りに包まれながらのスタートとなりました。
豆の特徴を生かした淹れ方で、自分に合った豆・飲み方を探し出す。奥深い香りを楽しみながら、数種類を飲み比べていました。
この日使用したのは、「珈音ブレンド・珈音ブレンドダーク・エチオピア・グァテマラ・フレンチマンデリン」の5種類。
気になった方は、ぜひ男鹿市五里合にあるお店で確かめてみてくださいね!
IMG_7306
昼にはランチを求めてお店の常連さんが顔出し。前回同様、「おがーりあ」メンバーでもある吉田シェフ(@料理教室ペコリーナ)による「おがーりあ」特製のメニューでお迎え致しました。
特に、朝採り新鮮なトマトをジューサーにかけ、クリーミーなスープに仕立てたソースと、バジルが香るお肉を具にした「イタリアンそうめん」はサッパリとした冷製パスタの感覚でいただけると好評でした。
IMG_7307 IMG_7312
昼頃からは「おがーりあ」の会長でもある土田満貴子によるイタリア文化講座です。
土田会長は、ご自身がイタリアに14年住んでいた経験を活かし、現在オーダーメードのオリジナル旅行企画の主催と、イタリア語講座などされています(@クリエイション・マキ)。
今すぐにでもイタリアに行きたくなってしまうような素敵な写真を魅せながら、見どころや穴場の紹介をしていただきました。
しばし日常の喧騒を忘れ、ゆったりとしたイタリアな時間を存分にくつろぐ参加者の皆様。
IMG_7314
15時過ぎ、役七夕の山が通過。会場となった上町「咲く咲く」前の道路もこのとおり!
IMG_7335 IMG_7324
お祭りを見つめるお客さんを横目に、夏祭り夜店バージョンの準備を着々と進めているスタッフ!怒涛の忙しさで目が回りそう!
IMG_7387 IMG_7383
慣れない土地で開催した「おがーりあ」のイベントでしたが、能代の友人・知人が多数駆けつけてくれ、お客様として、時には厨房スタッフとして手伝ってくれたりと、最後まで盛り上げてくださいました。
その温かく、力強い思いを受け、感動しっぱなしの自分。
「そこに居る皆んなで、ひとつのイベントを作り上げる」って、こういうことなんだな…。
IMG_7413 IMG_7405
役七夕も素晴らしく、何十という笛の音色が一つの笛のように重なり、太鼓の打ち鳴らす音で前に進む山、これこそが能代の人たちの気質そのもの。この昔ながらの地域の結束力、関係方々の協力があって、地域は作られているということを、久しぶりに実感させていただきました。
関わってくださった皆様、ありがとうございました。
IMG_7385

Festa di Italia「おがーりあ夏祭り」~コーヒー講座とビアガーデン!~

sakusaku2016
「イタリアをモチーフに、自由な発想を企画する」をコンセプトに活動している団体「おがーりあ」が、県内あちこちにお邪魔し、イタリア的な視点で縁を繋ぎながら様々な企画を考えていく第3弾イベント、またまた能代は「咲く✿咲く」を会場にしての開催です!

【イベント概要】

この日は能代の役七夕、「咲く✿咲く」のお店の前は役七夕の山が通ります。
そんな夏祭りモード全開の「咲く✿咲く」で、午前はコーヒー講座、午後は夏祭りビアガーデンと、1日フルで楽しめるイベントを開催します。
天気が良ければお店を開放しますので、外席でもごゆっくりとおくつろぎください♪

★午前は、コーヒー講座!

10:00~11:30 ~コーヒーとイタリアをめぐる話~
「おがーりあ」メンバーであり、男鹿市五里合にある「こおひい工房珈音」のマスターでもある佐藤毅によるコーヒー講座です。
同じくメンバーであり秋田市で「料理教室ペコリーナ」を主催している吉田岳青によるイタリアの食と歴史にまつわる話を聞きながら、自家焙煎コーヒーを飲み比べ、自分の好みの味を探ってみませんか?
コーヒーに合う「おがーりあ」特製スイーツ付きです。参加費はお一人¥1,000、定員は12名です。人気のお二人の講座ですので、お申し込みはお早めに☆彡
●申し込み方法
「おがーりあ」受付メール infogalia@ogalia.com に直接お申込みいただくか、下記連絡先までお名前と電話番号をお知らせください。
☆「夢工房咲く?咲く」(090-2279-4492 能登)
※お申し込み〆切…8/3(水)までお願いします。
内容を知られたくない方は、ダイレクトメッセージで直接お知らせください。

★午後は、おがーりあ夏祭り!ビアガーデン!

12:00~(随時) Il momento italiano~イタリアな時間~
イタリア在住が長く、自身の経験を活かしながら活動をしているローマ公認観光ガイド・土田満貴子が、とっておきのイタリア話を、秋田とのつながりに絡めてお話しします。
休日の午後をゆっくり過ごしませんか?お話は無料です。

★夕方頃からは、七夕祭りの夜店バージョン!

お祭り気分を盛り上げるイタリアンな「おがーりあ」特製軽食(おつまみ)・デザート・アルコール等ご用意しています。売り切れの場合は、ご容赦くださいませ。

○●○●○●メニュー(予定)○●○●○●○●

・フレッシュ野菜のイタリアンそうめん(能代の野菜を使ってます!)
・サンドフィッシュ・サンド(ハタハタすしのイタリアンサンドイッチ)
・ズンダコッタ(枝豆のパンナコッタ))
おがーりあテイスト満載の食事は、1日を通してお出しします(基本、テイクアウトですが、店内が空いていれば中でもいただけます)。お話会の間も、お気軽にご注文ください。
ビアガーデンに関しては、特別予約はいりませんので、ふらりと立ち寄ってくださいね♪
img6

「You’ve Got Oogatta!」フォトレポート

「イタリアをモチーフに、自由な発想を企画する」をコンセプトに活動している団体「おがーりあ」が、県内あちこちにお邪魔し、イタリア的な視点で縁を繋ぎながら様々な企画を考えていく第1弾イベント「You’ve Got Oogatta!」が、7/16(土)大潟村にて開催されました。
RIMG2175
いつも「おがーりあ」では「サイクルアクティビティ男鹿(通称:CAO)」という自転車イベントを開催しておりますが、「たまには男鹿以外で自転車イベントを開催して貰えたら、参加してみたい」という声があがったので、それならと、男鹿にいちばん近い大潟村をゆっくり巡ってみようと企画しました。
そして、「いつものCAOだとちょっと距離が長い…」とか「坂道をのぼるのはキツイ…」という方、「スポーツバイクは持ってない!」という方にも、気軽に参加してもらえたらと思い、今回のコースはひたすら平らで交通量の少ない道がメイン。参加対象の自転車も「ママチャリ・折り畳み・小径車」okとし、スポーツバイクの参加者には、なるべく皆さんに合わせてゆっくり走ってもらうことにしました。
IMG_6633 IMG_6638
天気は、快晴!
少し暑いものの、適度な風があって、とっても爽やかなサイクリング日和。
「おがーりあ」メンバーで、自転車に詳しい大潟村在住の農家・Kさんより地元を案内してもらいながら、大潟村とその周辺地域を色々寄り道しながら走りました。
RIMG2203 RIMG2202
最初の休憩ポイントは、足手荒神(あしてこうじん)と言って、「手足の神様」を祀った神社跡だそうです。自転車で走る我々にとっても、思いがけない神様との出会い(?)になりました。
龍神を祀った祠跡もありましたが、そちらは地元の神社に合祀されたようです。
RIMG2192
次のポイントは、「渡部斧松翁遺跡跡」前。渡部斧松翁は、私財をなげうってでも水路を作り、地域の水源の確保に尽力した方です。
ゴール地点のお昼まではちょっと時間が空くので、近所の商店でバナナをスタッフ買い付けしてきました。当日仕込みの補給食ですが、このお陰で後半俄然力が湧いたと皆さん喜んでくれました。良かった。
IMG_6650 IMG_6654
そして、大潟村を語る上で忘れてはいけないのが、ここ。
大潟村の干拓は、この記念碑のある場所で最初に行われたと、就農2世のKさんが、説明をしてくれました。
IMG_6658
お次は、雨天時対策地としても確保していただいた「大潟草原野鳥観察舎」でバードウォッチング。
大潟村は日本でも珍しい野鳥が飛来する地として知られており、観察に適した場所に拠点があります。
ここは大潟村創立50 周年に合わせ、一昨年リニューアルオープンしました。
望遠鏡を覗きながら、思い思いに野鳥の巣や飛び立つ様子を観察していました。
IMG_6673 IMG_6679
IMG_6676 IMG_6685
さて、ここからは休みなくゴール地点に戻り、お昼は「道の駅おおがた」敷地内にある東屋で、参加者みなさんでお弁当をいただきました。
大潟村産の食材で地元のお母さんたちが腕によりをかけて丁寧につくった特製お弁当を頬張りながら、初対面の人同士とは思えないくらい色んなお話に花が咲き、こういうのんびりとしたサイクリングイベントもいいな、と思いました。
IMG_6689
何より、事故なく怪我なく帰ってこられたのが一番です(途中、帽子がとばされた人は3名おりましたが…笑)。
秋田市からおがーりあジャージを着て参加してくださったCAOの常連Tさん、ゆっくりと皆さんの伴走をしていただきましてありがとうございました。
また、ご参加いただきました皆様、どうもありがとうございました!
IMG_6641
おまけ☆彡
(左)どのへんが「イタリア」?と聞かれそうなので、「道の駅おおがた」内農村レストラン「なのはな」で特製ジェラートをひとつ。
大潟村産の原料を使用したジェラートで、季節によって色んな味が登場しますが、今回スタッフが購入したのは「トマピー」。可愛いでしょ!
(右)おがーりあ会長と、たまたまお会いできたおがーりあメンバーKさんのツーショット♪
IMG_6700 IMG_6695

You’ve Got Oogatta!~ogaとoogataの新しい関係~

0716_ogata_oga_ride
「イタリアをモチーフに、自由な発想を企画する」をコンセプトに活動している団体「おがーりあ」。
今年度から活動場所を秋田県内あちこちにお邪魔して、「イタリア的な視点で○○を見る」というコンセプトを忘れずに、縁を繋ぎながら様々な企画・イベントを考えていきます!

その第1弾イベントは・・・
男鹿といちばん近い場所にある大潟村を、自転車で再発見しちゃおうという企画です。
その名も「You’ve Got Mail」ならぬ「You’ve Got Oogatta!」。

すでに「おがーりあ」では「サイクルアクティビティ男鹿(通称:CAO)」を開催していますが、今回はそれほど本格的なものではなく、「ママチャリ・折り畳み・小径車」対象です。
スポーツバイクの方であっても、他の方々に合わせゆっくり走れる方のみの参加とします。
コースはひたすら平らで交通量の少ない道を主に大潟村とその周辺地域をメインとし、5kmごとに休憩ポイントを作って色々寄り道しながらサイクリング。
自転車に詳しい先輩がいらっしゃるので、初めてで不安な方も心配無用☆彡

お昼は、参加者みなさんでお弁当をいただきます。
大潟村産の食材で地元のお母さんたちが腕によりをかけて丁寧につくった特製お弁当です♪
後は、発着地点の「道の駅おおがた」直売所併設の「アメヤ珈琲」で喉を潤わせるもよし、「道の駅おおがた」内農村レストラン「なのはな」で特製ジェラートを食べるもよし、直売所でのお買い物をするもよし、自由です。
ここのジェラートは大潟村産の原料を使用しているので、季節折々の珍しい味が楽しめます(例えば…メロン、枝豆、寒こうじ、かぼちゃ、黒味噌玄米、トマピー、など)。
お昼を食べて解散ですが、もっと体を動かしたいという方は、大潟村の農家さんの田んぼで草取りアクティビティーもできます☆

いつもは見ることのない、あなたの知らない大潟村が、きっとここで見つかるはず!

●日時:2016年7月16日(土)9:00~15:00頃
●集合場所:「道の駅おおがた(大潟村字西5丁目2番地)」
●定員 :10名
●参加費:2,000円
●自転車:ママチャリ・折り畳み・小径車
●コース:ひたすら平らと、交通量少ない道を念頭に設定しました。約30キロくらいのコースですが、南風が吹くとラクチンな行程です。

●申し込み方法
Facebook(このイベントページ)で直接お申込みください。
その際、昼食の要・不要も併せてお知らせください。
もし、内容を知られたくない方は、山内のダイレクトメッセージまで直接お知らせください。
お申し込みは7/13(水)までお願いします。
また、悪天候が予想され開催中止の場合、お申し込み締め切り日までに決定してお知らせいたします。

●持ち物
・整備された自転車(ライト・ベル・後方反射材等の装備)
・水、スポーツドリンク、必要に応じて補給食など
・タオル、日焼け対策、他にも必要と思うものは持参

※保険について
任意のサイクルアクティビティイベントですので、スポーツ保険等には加入しておりません。
少人数で適当な金額の保険が見つからないこともありますが、日常的に自転車に乗られる方々には、
個人的に通年の自転車保険に加入することの方がメリットが多いという判断もしております。

能代の野菜を使った本格イタリアンランチ

noshiro_italia_01
「イタリアをモチーフに、自由な発想を企画する」をコンセプトに活動している団体「おがーりあ」。
今年度から秋田県内のあちこちにお邪魔し、
イタリア的な視点で様々な企画・イベントを考えていきます!

その第2弾イベントは・・・
「イル・モメント・イタリアーノ パート1@咲く咲く」
こちらも前回の大潟村同様男鹿に近く、ご縁のできた能代市での開催です。

自転車で来られる方向けの特典もお付けします!

◆「能代の野菜でイタリアン By常盤ときめき隊&おがーりあ」

〈日時〉7/23(土) 12:00~14:30
〈会費〉¥3,000(ドリンク別)

「おがーりあ」メンバーでもある吉田シェフ(@料理教室ペコリーナ)が、能代の「常盤ときめき隊」の野菜を使った本格イタリアンの腕を振るいます。
この日が能代の花火ということで、お祭り気分の能代の町。ワインやイタリアン珈琲をご用意しますので、休日の午後をゆっくり過ごしませんか?イタリアの食にまつわる楽しいお話もあります。
おがーりあテイスト満載のランチ会、お気軽にどうぞ♪

●申し込み方法
下記連絡先に、お名前と電話番号をお知らせください。こちらから確認のお電話を差し上げます。
070-5327-1041(ペコリーナ:吉田)
infogalia@ogalia.com

お申し込み〆切…7/20(水)

※自転車で参加される方向けの特典も!(7/13追記)

当日は、能代の花火ということもあって市内混み合いますが、「咲く✿咲く」さんまで自転車で来られた方には、能代の花火升席にご招待いたします。

ランチイベントから、花火までは時間がありますので、自転車で近くを散策もできますし、花火の時間は、お店の中に自転車を預かってもらえるそうなので、盗難の心配は無さそう。

小径車や折りたたみ持ってる方なら、自走じゃなくて、どこかに車を置いて来てもらってもオッケー。
先着6名様限定ですので、一度、升席で花火見たいな〜とか思ってた方はお早めにお申し込みを。

CAO mini 2016 no.4 北浦真山 フォトレポート

今年4回めのCAOは、男鹿半島の北側、北浦真山地区から入道崎にかけてのコースで開催されました。

mini開催ですので、距離は短めですが、真山神社に登ることもあって獲得標高はそれなり。
上りに慣れてない方には、ちょっときついかもしれないコースです。

今回も1回めの寒風山と同様、開催日の天気予報が優れません。
雨の中を走るというのも無くはないですが、CAOの趣旨からすると、そこまで無理を通す理由もないため、この時点で一度は中止も検討しますが、土曜日であればなんとか開催ができそうな予報です。

そこで、スタッフ、関係者、参加者の皆さんに相談させていただき、開催日を一日前倒しにして、土曜日7/8の開催に変更させていただきました。
土曜日では都合がつかない参加者さんもいらっしゃいまして、やむなく不参加となってしまい、大変申し訳なかったわけですが、雨の日のライドは事故や怪我のリスクも上がりますし、ご了承いただきました。

今回の参加者は9名。

集合場所は男鹿市北浦地区にあります、十二桜森林公園に集まっていただきました。
イベント自体の距離は短めですが、秋田市から自走で参加された方も数名いらっしゃいまして、実質、秋田→入道崎往復となった方もいらっしゃいます。

各自で工夫して参加していただきまして、何よりです。

簡単なミーティングの後、天気も心配なので、さっそく真山神社へと向かいます。

DSC01956

今回は、スタートして真山神社に向かうコースが、唯一のヒルクライムになります。
とはいえ標高差は100mちょっとで20分ちょっとで登れるコースなので、皆さん健脚ぶりをご披露。

DSC01968 DSC01970
DSC01971 DSC01972
DSC01973 DSC01975
DSC01976 DSC01977

真山神社では、交通安全祈願を執り行っていただきました。

自転車は、スタジアムスポーツと違って道路の上で行うスポーツですので、どんなに自分が気をつけていても、交通事故に巻き込まれて怪我をする危険はつきまといます。
その意味でも、交通安全祈願をお願いいたしました。

お祓いのために拝殿に着席したトコロの一コマ。

DSC01982

自転車をお祓いしてもらうトコロの一コマ。

DSC01983

厳かに祈願いただいた後には、こんなお守りをいただきました。

DSC_0171 1

これなら、財布やサドルバッグにも忍ばせられますし、真山のお山の神様に、山の上から見守って貰えそうです。

真山神社から下山した後は、次は入道崎。
この区間はそれぞれのペースでライドを満喫。
思い思いのペースで踏みながらアップダウンをクリアして、ほどなく全員が到着。

CAOでよく見られる光景がこちら。

DSC01998

少人数のイベントで、何度かみんなで休憩をとるため、とにかく自転車談義が盛り上がります。
自転車は一人でもできるスポーツですが、自転車に関してのいろんな話で皆んなで盛り上がるのは、こうした場でなければ出来ないこと。

他のヒトの機材を参考にしたり、疑問に思ってたことをベテランに相談してみてり、お互いのフォームに関して気づいたコトを話しあったり。

この時間も、CAOの大きな魅力の一つです。

続いて、入道崎からいま来たコースを戻りまして、北浦雲昌寺へ。

DSC02010

こちらは、ここ数年ですっかり有名になった境内が一面アジサイで埋まる紫陽花寺。

DSC02009

既に最盛期は過ぎましたが、日陰になる部分のアジサイは、まだまだ深い青い色を見せてくれています。

せっかくなので、ここで集合写真。
アジサイの青と、海の青をバックに。

DSC02012

例年お世話になっている副住職さんにお菓子をいただいたので、ちょっとだけお邪魔させていただきました。

DSC02016

ここでも、自転車談義。
ネットで見つけたサイクルキャップの型紙から、手縫いで作ったお手製サイクルキャップのお話など、話題は多彩。

続いて、この日のお昼は、里山のカフェににぎ。
店主の猿田さんも、おがーりあのメンバーで、いつもご協力いただいております。

DSC02036

この時期は、アジサイを見に来られた方が、そのまま寄られたりすることもあって大変混雑します。
こちらも9名という大所帯なので予め予約を入れさせて頂きました。

と思って来てみたところ、特に相談していたわけでもないのですが、おがーりあの副会長、山本さんが、たまたま来店しており(せっかくなので記念撮影)。

DSC02025

他にも、男鹿半島の自然や文化についていつも教えて頂いてる夏井先生がいらっしゃったり。
地域の中のコミュニティ・カフェとしても重要なお店だったします。

メニューはシンプルに、一品メニューのチリコンカンライスと、お好みの珈琲やカフェラテを。

DSC_0168 1 DSC_0170 1

ここでは、みんな座りながら、ゆっくりとお話を楽しみながら時間を過ごさせてもらいます。
自転車談義はもちろん、ぜんぜん関係のない話も含めて、のんびりと。

DSC02034 DSC02035

みんなが同じ趣味を持ってるという安心感なのか、初参加の方も気楽に話ができるのはCAOならではなのかという気がします。
あまり長居をすると、自走で来られた方のお天気も気になりますので、そこそこのあたりでおいとま。

DSC02037

最後は、十二桜森林公園に戻りまして、お開き!
おかげさまで、全員が、無事に、事故もなく、怪我もなく、楽しい時間を共有できまして何より。
皆様、お疲れ様でした。

DSC02044

朝の時点では、お山にも霧がかかり、低い雲が流れてる状況でしたが、ついに最期まで雨に降られることもなく、運が良かったです。
逆に、暑くもなく、寒くもなく、日焼けや、日差しによる疲労もなく、ある意味、梅雨時期としては一番のライド日和だったかもしれません。

さて、今季のCAOも来月末の加茂青砂で終了となりますが、次は例年一番人気のBBQ。
ご期待ください!

サイクルアクティビティ男鹿 mini 2016 no.4 北浦真山

CAO2016_04サイクルアクティビティ男鹿(CAO)2016の本年4回目、北浦真山miniを開催いたします。

— 7/6追記【お知らせ】—
今回のCAO2016 mini no.4 北浦真山は7/10(日曜)開催予定でしたが、当日の天気予報が悪く、雷の予報も出ております。

そこで急遽、スタッフ、関係者、参加者の皆様にご相談させていただきまして、7/9(土曜)の開催に変更させていただきました。

急な変更になりますが、よろしくお願いいたします。
— 追記ここまで —

かつての男鹿半島の中心地、北浦を中心に真山神社から入道崎、そしてアジサイ寺としてすっかり有名になった雲昌寺を回る北側コース。
走行距離は30kmほどですが、真山神社へと登る行程がありますので、ちょっとだけ大変ですが頑張って登ってみましょう(念のためのヘルプも、こっそり準備しております…)。

真山神社では、自転車を持込させていただきまして、安全祈願のご祈祷をお願いしています。
一般公道で楽しむスポーツである以上は、避けようの無い事故というのもありますし、神頼みというのも良い選択です。

そこから入道崎までは、アップダウンはありますが大きな標高差は無く。
そこを往復して北浦に戻ります。

アジサイが見頃を迎えている雲昌寺は、もうすっかり有名になったコトもあって、当日はかなりの人出やクルマが予想されますので接触事故などに気をつけつつ境内を散策。
360度青一色の世界を堪能できます。

お昼は、里山のカフェににぎで頂きます。
普段のランチ&カフェメニューに、ちょっと一工夫があるかも。

※集合場所について
今回は、走行距離を抑える関係で、集合場所がいつもと違います。
男鹿市北浦の十二桜森林公園に集合になりますので、お間違えの無いように。

なお、希望される方がいれば、いつもの脇本の集合場所に30分前(8:30)に集合いただき、そこからスタッフ車で先導いたします。
お申し込みの時に、ご連絡ください。

●コースマップ

●日程 :2016年7月9日(土曜)
●集合 :9時00分 男鹿市北浦 十二桜森林公園
●目的地:門前
●解散 :14時00分 スタート地点で解散の予定

●定員 :15名
●参加費:2,500円
●自転車:スポーツサイクル(ロードバイク、マウンテンバイク、ランドナー、等)

※お願い
お申し込みは7/7(木)までお願いします。
また、悪天候が予想され開催中止の場合も7/7(木)までに決定してお知らせいたします。

※サポートカー
今回もサポートカーを用意しまして、全体の様子を見ながら移動します。
クーラーボックスも積みますので、食料含め若干の荷物を預けてもらって結構です。
怪我、病気(熱中症等)時の対応、急ぎの搬送も行います。

●申し込み方法
メール、お電話もしくはFacebookにてお申込みください。
その際、お名前、住所、連絡先電話番号、メールアドレス、自転車の種類(ロードバイク、MTB等)をご連絡ください。

メールアドレス:infogalia@ogalia.com
電話番号:070-3971-8543
Facebook:おがーりあイベントページ

●保険について
サイクルアクティビティ男鹿では、スポーツ保険等には加入しておりません。
少人数で適当な金額の保険が見つからないこともありますが、日常的にスポーツバイクに乗られる方々には、個人的に通年の自転車保険に加入すること の方がメリットが多いという判断もしております。

いくつかオススメの自転車保険をピックアップしておりますので、ご参考に。

・ドコモ サイクル保険
https://www.nttdocomo.co.jp/service/convenience/insurance/cycle_insurance/

・自転車向け保険「ケガの保険 Bycle」
http://www.au-sonpo.co.jp/pc/bycle/

・CYCLE 自転車の保険
http://www.hokende.com/lpo/cycle/

・チューリッヒ・スーパー自動車保険(自転車の特約)
http://www.zurich.co.jp/direct/auto/compensation/other/living.html

●その他
・必要なモノ
 自転車に乗る服装で、ヘルメット、グローブは必ず装着してください。
 整備された自転車で、ライト、ベル、後方反射材等の装備をお願いします。
 飲み物(水、スポーツドリンクなど)
 食べ物(必要に応じて)
 タオル、日焼け対策等は任意で。

 他にも必要と思うものは持参ください。荷物になる場合は車に積みますので。

●年間スケジュール

4/17(SUN) 寒風山(mini) ←終了
5/22(SUN) 男鹿一周←終了
6/ 5(SUN) 門前(mini)←終了
7/10(SUN) 北浦真山(mini)
8/28(SUN) 加茂青砂

CAO flat 2016 no.3 門前 フォトレポート

第三回目のCAO2016は、予定していた戸賀でのmini開催をキャンセルし、門前までの南磯コースを走るflatコースにて開催。

行って帰ってくるだけのシンプルなコース設定ですが、晴れた日の男鹿半島の南側の海岸線、通称「南磯」は、それだけでも素晴らしい景色を見せてくれます。

朝は少々肌寒い感じで雲も多かったですが、スタート後少しづつ晴れてきて、五社堂に着く頃にはすっかり快晴。
絶好のライド日和になってくれました。

今回の参加人数は13名。
フラットなコース設定ということもあって、初参加の方や、ビギナーの方の参加もあり、いろんな自転車乗りの皆さんに集まっていただけました。

RIMG1980

スタート&ゴールはいつもと同じ脇本から。
簡単なミーティング、ハンドサインの出し方等覚えていただけたら、さっそくスタートです。

DSC01592

CAOでは、基本的にペースやグループを指定するわけでなく、それぞれが自分のペースでの走行になります。
とはいえ、せっかくのライドイベントなので、みなさん自然と近いペースのヒトとのグループ走になるのが常。
ベテランライダーさんが、後方のビギナーさんのサポートをしながら走ったり、足だめしをしたい人が先頭集団に食いついていったりとか様々。

それでもって、先頭を走るベテランライダーさんは、ある程度の距離のところで適宜休憩を入れてくれるので、そこで全体が再集合することになります。
もちろん、先についた人は後方を待つことになるわけですが、それがイヤかというとそうではなく。

RIMG2013

こんな感じで、自転車談義が盛り上がってます。
家族や、職場では、反応の薄い自転車話が、ここでは延々と途切れなく。
機材の話、ライドの話、練習の話、自転車あるある話。

DSC01631

ライドに持ち歩くツール缶の中身を話し合ってみたりと、お互いにためになる話も。

DSC01665

こうした時間もCAOの楽しみ方の一つですし、比較的小さなライドイベントの魅力だと思います。

RIMG2019RIMG2020RIMG2022RIMG2023

鵜ノ崎で軽く休憩をとった後は一気に門前まで。

RIMG2031

門前のナマハゲ像の前では定番ポーズをこの人数で。
13人と1匹のポージング!

RIMG2039

そうこうしながら一行は門前に到着。
軽く休憩を入れた後、今回の特別企画である五社堂参拝のスタート。

五社堂は、この夏800周年を迎え、今年は記念行事がたくさん予定されています。
中でも、五社堂境内に積み上げる「千年杉の塔」は、目玉企画の一つ。

DSC01650

今回はその土台となる薪の積み上げを少しだけお手伝いです。

DSC01649

五社堂に参拝される方、本山真山を目指して登山される方、トレイルランナーに皆さん、石段を登る時に1本でも2本でも手に持って上がってもらえれば、大いに助かるということでしたので、ちょっとだけ運ばせてもらいました。

自転車用のクリートがついたシューズでは石段は登りにくいので、あらかじめ普段靴をサポートカーに積んで履き替えてもらっての石段登りです。

RIMG2045

五社堂を登る石段は、両側から木の枝が伸び日差しを遮ってくれますので、心地よい木漏れ日の風景を創りだしてくれます。
こんな風景の中を登れるのは、年間を通じてもそうそうはありませんで、良い日にあたりました。

RIMG2053

林の中に現れる五社堂の境内は、いつ来ても神秘的な雰囲気を漂わせています。
おそらく、こんなにサイクルジャージの一団が来たのは初めてなんじゃないかと思いますが、みなさん境内を散策しつつ参拝。

RIMG2056

五社堂満喫です。

RIMG2058

下山しましたら、お待ちかねのキッシュ&スイーツ。

まずは、見た目以上のボリューム感のあるキッシュの2種セット!
今回は秋田市新屋にある、カフェ「conoha」さんから。

DSC01655

左が「ベーコン&チーズ&タマネギのキッシュ」…香りの良いこだわりチーズを使用。ベーコンの旨味、玉ねぎの甘みが感じられます。
右が「サーモン&ほうれん草のキッシュ」…フレッシュハーブ・ディルの風味が漂う爽やかなキッシュです。北海道産サーモンと秋田産ほうれん草の色も鮮やか。

さらには、秋田市手形にある、パティスリーメゾン・ナカのスイーツ3種詰め合わせ。

DSC01651

・チュイル(スライスアーモンドが入ったフランス煎餅)
・パウンドケーキ(カット済み)
・パート・ド・フリュイ(一口大のゼリー)

パウンドケーキとゼリーは、数種類あるものを組み合わせて袋にいれてあるので、参加者さんのお好みでお選びいただきました。

あとは、ドリンクとバナナ(こちらおがーりあスタッフさんからの差し入れです)。

RIMG2067

五社堂の駐車場にて、参加者さん同士で歓談しながらのブレークタイム。
こういうの大事です。

この日は、五社堂800周年祭の実行委員の皆さんも薪の運搬作業中で、せっかくなのでこの夏の五社堂の記念行事ほかについてお話してもらいました。
こーした地道な作業が実を結んで、盛り上がってくれるといいですね。

RIMG2069
詳しくはこちらのFacebookページにて→「赤神神社五社堂八百年祭実行委員会」

帰りは同じコースを戻ります。
来るときに比べて天気が良くなっているので、風景を見ながらマイペースで。

休憩は鵜ノ崎一箇所で、頑張って脇本を目指します。
それにしてもいい天気。

DSC01659

スタート地点の脇本に無事に到着。
今回も無事に、怪我なく、事故なく、全員楽しめたようでなによりです。

DSC01694

次回のCAOは7/10(SUN)の北浦になりますが、もしかするとその前にスピンオフ企画あるかも。
決まりましたらこちらでお知らせいたします。

サイクルアクティビティ男鹿 flat 2016 no.3 門前

CAO2016_03今年3回目のサイクルアクティビティ男鹿(CAO)2016のお知らせです。

今回は、事前に告知していた予定を変更いたしまして、到着地を戸賀から門前へと変更させていただきます。
「CAO mini 戸賀」から「CAO flat 門前」と名称も変更いたします。

CAO mini は、ビギナーの方も想定した開催でしたが、1回目の寒風山周回コースも、それなりにアップダウンのあるコースでした。
そこで今回は、ほぼ平坦路になる、脇本から船川、鵜ノ崎を通って門前に向かう、フラットコースに変更させていただきました。

こちらのコースの海岸線は、景観としては男鹿半島の中でも最高のシーサイドコースで、景色を見ながら走るのであれば、一番楽しめる道でもあります。

●五社堂参拝
門前と言えば、こちらにも有名な神社のお社:五社堂があります。
国の重要文化財で、皆さん知ってるけれど意外と登ったことがない場所。
せっかくですので、希望する方には999段の石段を登って参拝していきましょう。

参加者全員の普段靴をサポートカーで運びますので、必ずご持参ください。

今年の夏には五社堂建立800周年のイベントがあり、五社堂の前に積み上げる記念シンボル「千年杉の塔」の基礎になる薪の積み上げを参拝者に依頼してますので、せっかくなのでこちらも一本持って上がっていきましょう。

※なお、五社堂999段の石段はMTBでも行けない場所ですので念のため。

●食事
今回のお食事は、残念ながらこの近辺で手頃なお昼を提供してくれるお店がないため、ちょっと良さ気な携行食をご用意。

まず、秋田市新屋のカフェ「conoha」さんから、2種類のキッシュを。

・「ベーコン&チーズ&タマネギのキッシュ」…香りの良いこだわりチーズを使用。ベーコンの旨味、玉ねぎの甘みが感じられます。
・「サーモン&ほうれん草のキッシュ」…フレッシュハーブ・ディルの風味が漂う爽やかなキッシュです。北海道産サーモンと秋田産ほうれん草の色も鮮やか。

さらに、秋田市手形のパティスリー「メゾン・ナカ」さんからは、3点の焼き菓子とゼリーをセレクト。

・チュイル(スライスアーモンドが入ったフランス煎餅)
・パウンドケーキ(カット済み)
・パート・ド・フリュイ(一口大のゼリー)

13282817_902414273237529_891233329_o

パウンドケーキとパート・ド・フリュイは、数種類あるので、組み合わせたセットの中からお選びいただけます。

●コースマップ

●日程 :2016年6月5日(日)
●集合 :9時00分 男鹿市脇本ヤマダ電機”跡地”脇の駐車場に集合
    (秋田県男鹿市脇本脇本石館46)
●目的地:門前
●解散 :13時00分 スタート地点で解散の予定

●定員 :15名
●参加費:2,500円
●自転車:スポーツサイクル(ロードバイク、マウンテンバイク、ランドナー、等)

※お願い
お申し込みは6/2(木)までお願いします。
また、悪天候が予想され開催中止の場合も6/2(木)までに決定してお知らせいたします。

※サポートカー
今回もサポートカーを用意しまして、全体の様子を見ながら移動します。
クーラーボックスも積みますので、食料含め若干の荷物を預けてもらって結構です。
怪我、病気(熱中症等)時の対応、急ぎの搬送も行います。

●申し込み方法
メール、お電話もしくはFacebookにてお申込みください。
その際、お名前、住所、連絡先電話番号、メールアドレス、自転車の種類(ロードバイク、MTB等)をご連絡ください。

メールアドレス:infogalia@ogalia.com
電話番号:070-3971-8543
Facebook:おがーりあイベントページ

●保険について
サイクルアクティビティ男鹿では、スポーツ保険等には加入しておりません。
少人数で適当な金額の保険が見つからないこともありますが、日常的にスポーツバイクに乗られる方々には、個人的に通年の自転車保険に加入すること の方がメリットが多いという判断もしております。

いくつかオススメの自転車保険をピックアップしておりますので、ご参考に。

・ドコモ サイクル保険
https://www.nttdocomo.co.jp/service/convenience/insurance/cycle_insurance/

・自転車向け保険「ケガの保険 Bycle」
http://www.au-sonpo.co.jp/pc/bycle/

・CYCLE 自転車の保険
http://www.hokende.com/lpo/cycle/

・チューリッヒ・スーパー自動車保険(自転車の特約)
http://www.zurich.co.jp/direct/auto/compensation/other/living.html

●その他
・必要なモノ
 自転車に乗る服装で、ヘルメット、グローブは必ず装着してください。
 整備された自転車で、ライト、ベル、後方反射材等の装備をお願いします。
 飲み物(水、スポーツドリンクなど)
 食べ物(必要に応じて)
 タオル、日焼け対策等は任意で。

 他にも必要と思うものは持参ください。荷物になる場合は車に積みますので。

●年間スケジュール

4/17(SUN) 寒風山(mini) ←終了
5/22(SUN) 男鹿一周←終了
6/ 5(SUN) 門前(mini)
7/10(SUN) 北浦真山(mini)
8/28(SUN) 加茂青砂

CAO 2016 no.2 男鹿一周 フォトレポート

5/22(SUN)のお天気は、予報どおりの快晴!
注意するのは、日焼けと熱中症というありがたい天候の中で開催しましたCAO2016 no.2 男鹿一周のフォトレポートをお届けします。

コースはこちら。

いつもと同じ脇本をスタートいたしまして、前半は寒風山へのアタックから男鹿温泉郷へ。
後半は、真山神社から宮沢海岸、払戸観光案内所と、来週開催のGREAT EARTH男鹿半島なまはげライドをトレースしたコース。

そーゆーこともありまして、サポートライダーの皆さんにも多数参加いただきまして、ハンドサインや事前の注意事項、コースの迷い易い場所の確認などなど、ミニ講習会も兼ねての開催です。

集合場所に集まっていただいたのは22名の参加者。
今回も初参加の方々をお迎えしつつ、自己紹介、ミーティングと進めまして、準備が出来ましたらば、いよいよスタートです。

今回は、GEのコースに入っていることもあって生鼻崎トンネルを通過して、いとくの前を通過します。

DSC01464

交通量の多いバイパスのトンネルは、自転車乗りにとっては危険なポイントの一つ。
生鼻崎は幸いにして下り車線側にガードレースに守られた歩道がありますので、こちらをライトをつけて徐行して通過します。
なにより安全第一です。

DSC01480

最初のエイドポイントは寒風山中腹。
田中の交差点から上がってきて最初の突き当りの交差点脇にある公園で、まずは軽くバナナで補給。
この日は予想以上に気温が上がりまして、予定ではここは休憩ポイントではなかったんですが、給水も含めて無理せずライドしてもらうために急遽ポイントを追加しました。

DSC01488

そして、ここから先は寒風山へのアタックコース。
脇本側から登るのとは違って、山頂に行くまでに一度丘を超えないといけないぶん、こちらからの方がちょっとキツいです。
それでも参加者全員が山頂に向かいました。

DSC01506

もちろん、無理は禁物。
皆さん、マイペースは守りつつ、各自の判断で山頂は回避したりと、自分に合った楽しみ方で寒風山を満喫。

DSC01532

下山した後は、今度はなまはげラインに合流して男鹿温泉郷へ向かいます。
ここはGEのスタート&ゴール地点確認だけの予定だったんですが、かなりの暑さだったので補給ポイントに変更。

DSC01541

ここで、おがーりあCAOならではの、特製スイーツの登場です。
今回は、「こおひい工房珈音」さんにお願いいたしまして、特製のパン&スイーツを用意させていただきました。

ここで登場したのはカップケーキ。
抹茶のスポンジと大納言小豆入りのクリームを重ね合わせた特別製。
冷凍したものをクーラーボックスで持ってきたので、冷っとした感じで、暑い日のスイーツにぴったりでした。

DSC01542

この後は、GEコースのトレースに入ります。
次に向かうのは真山神社。
寒風山ほどではないですが、ここも登りが続くきつめのコース。
神社参道脇もお店の芝生の上を借りまして、ここでは特製のベーグルで補給です。

DSC01553

珈音のエスプレッソを練り込んだ生地にチョコチップと胡桃を合わせた、ちょい甘めのおやつですが、噛みごたえもあって、腹持ちもよさそうで、これも自転車乗りの補給食には合いそうです。

DSC01586

また、この他にも、いつでもどこでも食べられるようにバーケーキも提供してます。
ベーグルが噛み応えのあるものですので、こちらはクッキーというよりはバターケーキに近いものにしました。
ブルーベリーのジャムを焼き込んであります。目のお疲れ回復にも!
こちらはサイクルジャージのバックポケットに収まりますし、参加者みなさんの、それぞれのタイミングで食していただきました。

DSC_7442

さてさて、お参りも済ませましたら次へ行きましょう。

DSC01560

ちなみにこの時点で、10本用意していたペットボトルドリンクは、ほぼ終了。
気温上昇は予め予想してましたので、北浦のホームセンターでさらに8本を追加。
ちなみに、水は20Lタンクと10Lタンクに満載していたので、サイクルボトルの中を空にするようなことは無かったですが、やはりこの暑さでは給水には注意したところです。

真山神社を降りましたら、次は宮沢海岸へ。
五里合あたりまでは道は一本道なので気持よくライドできますが、そこから先はやや道が入り組んでます。
お渡ししたコースマップが、それほど詳細でなかったこともあって、ミスコースする方もいらっしゃいましたが、そこはみなさん自転車乗り。
慌てず騒がず、次の目的地の「宮沢海岸」という道路標識を探したり、野生のカンを発揮したりと、それぞれの方法で次の補給ポイントにたどり着きます。

DSC01577

ここでは、既に主催者側で用意した補給食は無かったのですが、なんと参加者さんの差し入れのグリッシーニと、おがーりあメンバーによるサプライズ差し入れのライスケーキが用意されていて、今まで以上に豪華な補給食に。

DSC01574

こんなコトがあると、それなりに難儀しながらも継続してきて良かったなぁ…と思う瞬間でもあります。
年に一度の大きな大会では、こーゆー自由な楽しみ方は味わえませんから。

ここから払戸観光案内所までは、八郎潟の残存湖脇を走りますが、途中道が途切れたり、交通量の多い道を回避したりGEのコースが入り組んでいるので、このあたりを確認しながらのライドになりました。

DSC01580

何名か迷子になりつつも、無事に到着。
全員揃ったことを確認しましたら、スタート地点の脇本へ向かい、そのままゴールです。

今回も、おかげさまで、事故もなく、大きな怪我もなく、無事にスタート地点に全員戻ってこれました。

DSC_7467

この日は、うちのイベントだけで無く、余所でも、自転車好きな方がそれぞれイベントや練習会を組んで、それぞれのやり方で自転車を楽しんでいて、何か凄くいい方向に向かっていってる気がします。

逆に言えば、こんなイベント過密な日に、CAOを選んで参加された皆様には感謝したいと思います。
次回の開催も6/5(SUN)とすぐ来ますので、さっそく準備に取り掛かりましょう。