スノウアクティビティ


先週、早々に定員に達してしまった三種町スキーツーリングですが、参加したスタッフさんによると、かなり良いロケーション、良い雪質だったとのことなので、今週末3/4(土)に、おがーりあだけでXCスキーの集まりを開催したいと思います。

参加費は500円(スキー一式貸し出しは+1,000円)で、昼食は道の駅ことおかにて各自注文していただくシンプルスタイルでの開催。

基本は「歩くスキー」のため、運動強度はたいした事はないです。
普段、あまり運動しない方でものんびり行けます。

冬の山道を歩くのは想像以上に気持ちいいです。
用具(XCスキー、靴、ストック)は貸出ますので手ぶらで参加オッケーです。

今年は希望に応じて事前練習(出張あり!)も受付ておりますので、みんなよりも早くXCスキーを試してみたいという方はお問合せください。
詳しくは以下の案内をご確認を。

●概要
日時 2017年3月4日(土) 9:30~
集合 道の駅ことおか
   (秋田県山本郡三種町鹿渡字高石野126-1)
会場 三種町房住山近くの県道37号線
解散 午後2時ごろまでに任意に解散

お申し込み方法
メール(infogalia@ogalia.com)またはFacebookにてお願いいたします。

★★★必ず身長と足のサイズをお伝えください。★★★

●定員 10名
●参加費 500円(スキー貸し出しはの方は+1.000円)

※ 雨、猛吹雪以外は開催予定
積雪の状態によっては、場所の変更や、他のアクティビティへの切り替えなど、柔軟に対応する予定です。

※ 用具
XCスキー、靴、ストックは貸出いたしますので、身長と足のサイズをお知らせください。
スパッツがあると、靴の中に雪が入らず快適ですので、お持ちの方はご持参ください。

●日程
9:30 道の駅ことおか駐車場 集合
10:00 房住山付近へ移動
XCスキー
12:30 道の駅ことおかにて昼食
14:00 この時間までに任意に解散とします。

●XCスキーの貸出
スキー、ストック、スキー靴は主催者で用意いたしますが、ご自分のものをお持ちの方はご持参ください。

用意するスキーは、雪上散歩用の滑り止め付き板です。
レーシングスキー、山スキー(滑り止めつき)の試乗も可能ですので、ご相談ください。

お申し込みの際に、身長と靴のサイズをお知らせください。
身長にあった長さのスキー、ストックと、スキー靴を準備いたします。

●服装
歩くスキーなので、汗をかきます。
汗を吸わない素材の手袋(ウール、フリース等)ご用意ください。皮手袋、軍手、ゲレンデスキー用手袋は不可です。
毛糸の帽子等、耳が冷たくない帽子をご用意ください。
体が温まったら薄着になれるように、重ね着できてください。(例:サイクルウェアの上に風除けになる上着、オーバーズボン着用)
肌着等の着替えもご用意ください。

サイクルウェアを流用する場合は、厳寒用をご準備ください。
厚い靴下は靴擦れの原因になります。
化繊等の汗を吸いにくい、あまり厚くない靴下をご着用ください。
履き替え用もご持参ください。

スキー靴の上から装着して、足首から太ももをカバーするスパッツがあると、靴に雪が入りにくく快適です。
作業服屋なら1,000円前後、山用品屋でも3,000円くらいで購入できます。

●事前練習
事前に練習したい方がいらっしゃれば、用具の貸し出しをいたします。
日時の確定が出来る方は、スタッフが出張して一緒に練習を!というのも可能です。

用具費¥1,000で、出張料は無料(普及するまでのご奉仕価格)。

県央部でXCスキーができそうな場所は、
秋田市北部であれば、小泉潟公園、大滝山水源地等が適地です。
秋田市南部、国際教養大となりの森林学習交流館の遊歩道。
五城目方面、イオン近くの環境と文化のむら。
男鹿市は、開催予定地。
能代市は、風の松原。

県内は出張可能です。

●その他
クロスカントリースキーにもっと親しみたくなった方には、次回企画までの練習用として、スキーセットの貸し出しも検討しています。
貸出料として1,000円程度を予定しています。

積雪のある道路をスキーで歩きます。
男鹿運動公園、寒風山、八望台、真山といえども冬山です。
事故防止のため、路外へは出ないようにお願いします。

この企画では保険には入っていませんおりませんので、イベント中の事故・怪我の補償には応じられませんので、各自対応をお願いいたします。

スノウアクティビティ男鹿 2017 no.2

●●● 開催中止のお知らせ ●●●

2/18は、暴風雪の予報が出ており、安全を考慮しまして、今回の開催は中止とさせていただきます。

時期的に今季は最後の開催予定でしたので残念ですが、また来季もいろいろと企画していきたいと思いますので、よろしくお願いいたします。

●●● ●●●

次の土曜日の2/18(土)。
スノウアクティビティ男鹿(Snow Activity Oga)開催いたします。

降雪はあるものの、気温が少し高めに推移する日が増え始めてきたので、もしかすると今シーズンは最後かも。
とうわけで、今回は今までで一番標高の高い真山神社近辺の小道に出かける予定。

昼食は、グルメストアフクシマさんの特製弁当をご用意。
休憩場所は、すぐ近くの「里暮らし体験塾」で休ませてもらう予定です。

基本は「歩くスキー」のため、運動強度はたいした事はないです。
普段、あまり運動しない方でものんびり行けます。
参加者で体力差がありそうな感じなら2班構成でいこうかと思います。

冬の山道を歩くのは想像以上に気持ちいいです。
用具(XCスキー、靴、ストック)は貸出ますので手ぶらで参加オッケーです。

今年は希望に応じて事前練習(出張あり!)も受付ておりますので、みんなよりも早くXCスキーを試してみたいという方はお問合せください。
詳しくは以下の案内をご確認を。

●概要
日時 2017年2月18日(土) 9:00~
集合 男鹿総合運動公園駐車場
   (秋田県男鹿市船川港比詰字大沢田地内)
会場 男鹿半島の雪のあるところ(当日の積雪具合で決定します)。
解散 午後2時ごろまでに任意に解散

お申し込み方法
メール(infogalia@ogalia.com)またはFacebookにてお願いいたします。

★★★必ず身長と足のサイズをお伝えください。★★★

●定員 10名
●参加費 2,500円(スキー用具レンタル、昼食含む)
※既にスキーをレンタルしてる方は2,000円でオッケーです。

※ 雨、猛吹雪以外は開催予定
積雪の状態によっては、場所の変更や、他のアクティビティへの切り替えなど、柔軟に対応する予定です。

※ 用具
XCスキー、靴、ストックは貸出いたしますので、身長と足のサイズをお知らせください。
スパッツがあると、靴の中に雪が入らず快適ですので、お持ちの方はご持参ください。

●日程
9:00 男鹿総合運動公園駐車場 集合
9:30 真山神社近辺へ移動
XCスキー
12:00 里暮らし体験塾へ移動(特製お弁当)
13:30 希望者は引き続き、午後のXCスキー、または温泉(オプション)等でお楽しみを
14:00 この時間までに任意に解散とします。

※冬道の運転に自身の無い方は、運動公園から先は乗りあわせで移動も可能です。

●XCスキーの貸出
スキー、ストック、スキー靴は主催者で用意いたしますが、ご自分のものをお持ちの方はご持参ください。

用意するスキーは、雪上散歩用の滑り止め付き板です。
レーシングスキー、山スキー(滑り止めつき)の試乗も可能ですので、ご相談ください。

お申し込みの際に、身長と靴のサイズをお知らせください。
身長にあった長さのスキー、ストックと、スキー靴を準備いたします。

●服装
歩くスキーなので、汗をかきます。
汗を吸わない素材の手袋(ウール、フリース等)ご用意ください。皮手袋、軍手、ゲレンデスキー用手袋は不可です。
毛糸の帽子等、耳が冷たくない帽子をご用意ください。
体が温まったら薄着になれるように、重ね着できてください。(例:サイクルウェアの上に風除けになる上着、オーバーズボン着用)
肌着等の着替えもご用意ください。

サイクルウェアを流用する場合は、厳寒用をご準備ください。
厚い靴下は靴擦れの原因になります。
化繊等の汗を吸いにくい、あまり厚くない靴下をご着用ください。
履き替え用もご持参ください。

スキー靴の上から装着して、足首から太ももをカバーするスパッツがあると、靴に雪が入りにくく快適です。
作業服屋なら1,000円前後、山用品屋でも3,000円くらいで購入できます。

●事前練習
事前に練習したい方がいらっしゃれば、用具の貸し出しをいたします。
日時の確定が出来る方は、スタッフが出張して一緒に練習を!というのも可能です。

用具費¥1,000で、出張料は無料(普及するまでのご奉仕価格)。

県央部でXCスキーができそうな場所は、
秋田市北部であれば、小泉潟公園、大滝山水源地等が適地です。
秋田市南部、国際教養大となりの森林学習交流館の遊歩道。
五城目方面、イオン近くの環境と文化のむら。
男鹿市は、開催予定地。
能代市は、風の松原。

県内は出張可能です。

●その他
クロスカントリースキーにもっと親しみたくなった方には、次回企画までの練習用として、スキーセットの貸し出しも検討しています。
貸出料として1,000円程度を予定しています。

積雪のある道路をスキーで歩きます。
男鹿運動公園、寒風山、八望台、真山といえども冬山です。
事故防止のため、路外へは出ないようにお願いします。

この企画では保険には入っていませんおりませんので、イベント中の事故・怪我の補償には応じられませんので、各自対応をお願いいたします。

SAO 2017 no.1 フォトレポート

1/29の日曜日、今年最初のSAOを開催いたしました。

滑走コースは、昨年に引き続き八望台。
事前におがーりあスタッフが数か所の候補地をチェックして、当日、一番条件の良い場所を確認しての開催です。

当日は、男鹿の運動公園に集合して、そこから八望台へ移動。
そこで、事前に申告してたサイズの靴や、それに合わせたスキー板とストックを受け取ります。

用具の使い方は、そんなに難しいことはなく、靴のつま先部分とスキー板の金具の脱着を覚えるだけ。

後は、すり足の要領で板を交互に滑らせれば前に進みますので、さっそく放牧地の開けた場所に移動して、各自滑り始めました。

人によって慣れる時間はまちまちですが、平地を滑るだけなら、5分~10分程度の時間で、だいたい遊べるようになります。
あとは、それぞれ、スピード出してみてり、曲がってみたり、急制動かけたり、いろいろと試して慣れていく。
それだけで、十分に雪の林道を奥まで散策できるようになります。

開催日前の数日に、けっこう雨が降ったり、開催日当日の予報も割と気温が高めだったりと、天気も心配してたんですが、結果的にときどき晴れ間の見える好天で風もなく。
見通しも良くて、すぐ近くの真山や本山もよく見渡せました。

雪のほうも、濡れ雪が再度凍ったような感じで、XC用のスキー板を滑らせるには楽しいコンディションで、まさにXCスキー日和です。

一旦集合写真をとったら、今度は林道の方に向かって、みんなで進んでいきます。

ここからは多少アップダウンが入りますので、やや難しくなってくるトコロ。
といっても、XCスキーは後ろ方向に滑らないように板の裏面に段差があるので、上りはゆっくり踏んでいけばいい。
逆に、下りは、かかとが固定されてない分、板の向きをコントロールするのがちょっと難しい。

まぁ、初めてやった方だと転ぶのは仕方ないです。
大したスピードは出ませんのでケガをするということもないですし。

開けた平地と違って、林の中に入るとすぐ近くに枯れて葉を落とした樹々の間を進むことになります。
夏の、鬱蒼とした雰囲気とは違った、開放感のある林の光景はこの時期ならでは。

普段は葉っぱに隠れて見えない光景も、遠くまで見渡せます。
戸賀湾を一望できる場所もあって、普段とは違う自然の雰囲気を楽しめるのはXCスキーならではです。

およそ2時間ほどのXCスキーでの雪道散策を終えましたら昼食。

今回は、大潟村の潟工房さんにお願いした特製のお弁当。

よくありがちな揚げ物一辺倒で濃い味付けのものではなくて、丁寧に味付けされた美味しい献立。
山菜の煮物なんかも添えられてて、参加者の方には好評でした。

最後はデザート。
男鹿市船越ボンヌさんの「寒風山」
運動して疲れた体には、甘いものが美味しいです。

今回も、おかげさまで、全員ケガもなく、事故もなく楽しいイベントにすることができました。
冬場家に閉じこもりがちな雪国で、気軽に楽しめるXCスキーは最高のアクティビティの一つですので、ぜひ、次は皆さんもご参加を!

スノウアクティビティ男鹿 2017 no.1

今冬もスノウアクティビティ男鹿(Snow Activity Oga)、略してSAO2017を今年も開催いたします。

昨年に続き、なかなか積雪がなくスキーヤーにはやきもきする冬ではありますが、ようやく男鹿半島でもXCスキーが可能な程度の積雪がみられるようになってきました。
XCスキーは、除雪の入らない舗装道に5cm程度の雪があれば快適に滑ることができますので、それほど遠くまで出かけなくても楽しめるところが大きな魅力。

男鹿半島は、市街地からほんの15分ほど移動するだけでスノートレイルに到着します。

基本は「歩くスキー」のため、運動強度はたいした事はないです。
普段、あまり運動しない方でものんびり行けます。

冬の山道を歩くのは想像以上に気持ちいいです。

用具(XCスキー、靴、ストック)は貸出ますので手ぶらで参加オッケーです。

昼食は、今回は大潟村産の農産物を使った特製のお弁当をご用意。

家に閉じこもりがちな冬の一日をアクティブに過ごしてみましょう~

なお、今年は希望に応じて事前練習(出張あり!)も受付ておりますので、みんなよりも早くXCスキーを試してみたいという方はお問合せください。

詳しくは以下の案内をご確認を。

●概要
日時 2017年1月29日(日) 9:00~
集合 男鹿総合運動公園駐車場
   (秋田県男鹿市船川港比詰字大沢田地内)
会場 男鹿半島の雪のあるところ(当日の積雪具合で決定します)。
解散 午後2時ごろまでに任意に解散

お申し込み方法
メール(infogalia@ogalia.com)またはFacebookにてお願いいたします。

★★★必ず身長と足のサイズをお伝えください。★★★

●定員 15名
●参加費 2,000円(スキー用具レンタル、昼食含む)

※ 雨、猛吹雪以外は開催予定
積雪の状態によっては、場所の変更や、他のアクティビティへの切り替えなど、柔軟に対応する予定です。

※ 用具
XCスキー、靴、ストックは貸出いたしますので、身長と足のサイズをお知らせください。
スパッツがあると、靴の中に雪が入らず快適ですので、お持ちの方はご持参ください。

●日程
9:00 男鹿総合運動公園駐車場 集合
9:30 八望台へ移動
XCスキー
12:00 船川北公民館へ移動(特製お弁当)
13:00 希望者は引き続き、午後のXCスキー、または温泉(オプション)等でお楽しみを
14:00 この時間までに任意に解散とします。

※冬道の運転に自身の無い方は、運動公園から先は乗りあわせで移動も可能です。

●XCスキーの貸出
スキー、ストック、スキー靴は主催者で用意いたしますが、ご自分のものをお持ちの方はご持参ください。

用意するスキーは、雪上散歩用の滑り止め付き板です。
レーシングスキー、山スキー(滑り止めつき)の試乗も可能ですので、ご相談ください。

お申し込みの際に、身長と靴のサイズをお知らせください。
身長にあった長さのスキー、ストックと、スキー靴を準備いたします。

●服装
歩くスキーなので、汗をかきます。
汗を吸わない素材の手袋(ウール、フリース等)ご用意ください。皮手袋、軍手、ゲレンデスキー用手袋は不可です。
毛糸の帽子等、耳が冷たくない帽子をご用意ください。
体が温まったら薄着になれるように、重ね着できてください。(例:サイクルウェアの上に風除けになる上着、オーバーズボン着用)
肌着等の着替えもご用意ください。

サイクルウェアを流用する場合は、厳寒用をご準備ください。
厚い靴下は靴擦れの原因になります。
化繊等の汗を吸いにくい、あまり厚くない靴下をご着用ください。
履き替え用もご持参ください。

スキー靴の上から装着して、足首から太ももをカバーするスパッツがあると、靴に雪が入りにくく快適です。
作業服屋なら1,000円前後、山用品屋でも3,000円くらいで購入できます。

●事前練習
事前に練習したい方がいらっしゃれば、用具の貸し出しをいたします。
日時の確定が出来る方は、スタッフが出張して一緒に練習を!というのも可能です。

用具費¥1,000で、出張料は無料(普及するまでのご奉仕価格)。

県央部でXCスキーができそうな場所は、
秋田市北部であれば、小泉潟公園、大滝山水源地等が適地です。
秋田市南部、国際教養大となりの森林学習交流館の遊歩道。
五城目方面、イオン近くの環境と文化のむら。
男鹿市は、開催予定地。
能代市は、風の松原。

県内は出張可能です。

●その他
クロスカントリースキーにもっと親しみたくなった方には、次回企画までの練習用として、スキーセットの貸し出しも検討しています。
貸出料として1,000円程度を予定しています。

積雪のある道路をスキーで歩きます。
男鹿運動公園、寒風山、八望台といえども冬山です。
事故防止のため、路外へは出ないようにお願いします。

この企画では保険には入っていませんおりませんので、イベント中の事故・怪我の補償には応じられませんので、各自対応をお願いいたします。

「人生寄り道だらけ~新たな縁も、古い縁もポタリング~」フォトレポート

「イタリアをモチーフに、自由な発想を企画する」をコンセプトに活動している団体「おがーりあ」が、県内あちこちにお邪魔し、イタリア的な視点で縁を繋ぎながら様々な企画を考えていく第5弾イベント「人生寄り道だらけ~新たな縁も、古い縁もポタリング~」が、10/29(土)秋田市新屋にて開催されました。
chibasan-1
前日の夜から降り出した雨が明け方まで続いており天気が心配されましたが、集合時間には雲の切れ間から太陽が顔をのぞかせてくれました。
新屋駅前近くの「café conoha」前に集合し、皆さん集まったところで道の確認と、軽く自己紹介。conohaの店主はおがーりあスタッフYの同級生で、事前準備から色々と協力をいただきました。「ビタミン取って~」とサービスされた柿にも元気をいただき、いざスタート!
新屋駅前から公立美術大学を通り、西中の脇を通過して大川散歩道桜並木から西部工業団地へ抜けます。このあたりは30年程前まで製紙工場があり、用水路には汚水が流れていたのですが、現在は暗渠となり公園が整備されておりますので、春は花見で楽しむことができるようになりました。
img_8290
新屋高校近くを通過し、稲刈り後の田んぼを横目に見ながら浜田集落へと抜けます。そこからは旧7号線沿いを北上して表町の旧道へ向かい、少し走るとポタリング(寄り道)。
どこに寄り道したかは…参加した方だけのお楽しみです(笑)。と言うと気になる方もいると思うので、ちょっとだけご紹介。
rimg2370
新屋に昔からある古い建造物や神社・お寺だったりも魅力ですが、今回の見どころは何といっても、今も尚数多く残る湧水場でしょうか。現在は上流にバイパス(現・国道7号線)が通ってしまい、残念ながらその殆どが飲み水として使用することができず、地域の方が生活用水の足しにするくらいの使用頻度になってしまったようですが、昔はその水を仕込みに使用した酒・味噌・醤油等の醸造元が数多く存在したようです。
そんな名残を見て周りながら、ほんの25年程前まで、自分も学校帰りに滾々と湧き出る水で喉を潤すことが出来ていたことを、懐かしく、有り難く、感じたのでした。
唯一飲むことが可能な國萬歳酒造では、お店の中を拝見させていただきました。
img_8308
新屋は、現在の国道7号線からみて、旧道が4つあります。前の7号線だった県道56号線、その前が表町商店街のある馬車道(馬車の往来道でよく見かける馬つなぎの石なども残っています)、更に前が古いお寺の残る羽州浜街道。
浜近くには、砂害で苦しんでいた新屋衆を救おうと防砂林を植樹した栗田定之丞を祀った栗田神社があります。バイパスが開通してからは、松林も大部分が切り倒されてしまいました。
そんな、海と川に近い新屋が辿った歴史を実際見て周ることで、地域性を肌に感じてもらえたのではないかと思っています。
rimg2373
その後、何かと話題にあがる「ももさだカエル」の像の前で、カエルポーズで記念撮影。また、ここに帰ってこれたら…という願いも込めて。
img_8676 chibasan-7
一人で事前試走した際には1時間30分で周ることができたコースですが、その場所にまつわるお話をしたり、写真を撮ったりと、ゆっくり進みました結果、倍の3時間はゆうにまわってしまい、13:00近くに再び「café conoha」へ。通常お店にあるランチとは違う内容の特製キッシュプレートランチをいただきました。
chibasan-11 chibasan-12
今が旬のマロンクリームが挟まったビスコッティや、ポットサービスのハーブティーなどは、かじかんだ体を温かくほぐしてくれました。ビスコッティは、すこし固めのイタリアのお菓子。コーヒーに浸していただくと食べやすく、香ばしさを一層楽しむことができます。
img_8680
お腹も満たされたところで、近くの日吉神社参詣。秋田の農業三大人の一人である森川源三郎が晩年を過ごした余楽庵も見学しました。
img_8670
何故今回、新屋の地を選んだかと問われれば、単純な話、おがーりあスタッフYの実家があり子どもの頃過ごした地だからです。思い入れのある場所を、自分視点でどこまで参加者の皆さんに受け入れてもらえるのか反応を見ながら、実験的に案内をしてみたかったというのが大きな理由です。
当然そこにまつわる話も普通の「文化財まち歩き」のようにはいかず、主観的マニアック要素がどうしても入っちゃいまして、客観性を保ちつつどこまで許容されるかドキドキでしたが(笑)、意外に好評でしたので、次回同じ場所で開催する際は自信を持っていこうと思います。
img_8682
肌寒い中、ご参加いただいた皆様どうもありがとうございました。
また、画像の一部を参加者の皆様よりご提供いただきました。感謝申し上げます。