サイクルアクティビティ男鹿 2014 no.3 北浦 フォトレポート

6/28の土曜日。
北浦にて、サイクルアクティビティ男鹿2014の3回目を開催いたしました。
今回は、いつものように長距離を自転車で走るわけではなく、北浦の町の風情や歴史を感じていただきたい為の企画。
多くの町がそうであるように、北浦も、徒歩で廻るには広いけど、バスで動くわけにはいかにというサイズを、ぴったりカバーするという意味では自転車の速度は、ちょうどいい感じに当てはまります。

いつもの違い、今回の集合場所は北浦の雲昌寺に直接集まっていただきました。
そして、こちらの雲昌寺さんでは、この季節だけの特別な風景がありまして、それは境内を埋め尽くす1,000本の青い紫陽花。

副住職である古仲宗雲さんが、すべて自分の手で植えて育ててきた紫陽花で、紫陽花に囲まれた参道の素晴らしさは、とても言葉や写真だけでは伝えきれません。
今年は、例年に比べると若干早めのようで、ちょうど満開を迎えていました。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

今回の参加者は7名。
町を廻る短いコースですので、うち3名が中学生で、5名の新規参加者さんとなりました。
いつもとは違う形式にしたこともあり、新規の方に来ていただけたのは嬉しいことです。
ちなみに、遠くは、横手、大曲からの参加もありました。
ありがたいことです。
DSC08733

準備が出来たところで、全員自転車に乗りまして、北浦の町に出発です。
一周が、だいたい8.2kmほどの短いコースですが、様々な見所を、雲昌寺の古仲さんに案内していただきました。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

実は、北浦は男鹿半島の中で、最も歴史のある港町で、その風情が色濃く残っている町でもあります。
こういった場所は、ガイドマップを作成しても、小さな写真と活字だけでは、なかなか伝わりませんが、地元で暮らしている方に案内していただくだけで、途端に生き生きとした町に感じられますので不思議なものです。
この日も、地元をしっかりと見てきた地域のお寺さんならではの目線で案内していただきました。

古くから残っている巨木。
こういった歴史を語るものが町のあちこちにあります。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

ハタハタ漁の時は、男鹿半島で最も活気づく場所である広い漁港。
揚がったハタハタは、この広い場所いっぱいに用意した作業台の上で仕分けられ出荷されていきます。
ちなみに、そのタイミングであれば浜で直接買っていくこともできますし、市場価格よりはだいぶお買い得に買うことが出来ます。
もちろん、その日の水揚げがないと買うことができませんのでスーパーや市場のようにはいきませんが。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

DSC08766

寺院もたくさんありまして、それぞれの歴史の一端を話してもらうことで、本来、自分とは何の関係もないお寺であるにもかかわらず、身近な縁を感じるコトすらできます。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

途中、北浦唯一のお菓子屋さんである、鈴木金栄堂に寄り道。
お菓子を買い込みます。
昨年、船越で同様のスタイルで開催したのである程度予想はついていましたが、みなさん、けっこうな量のお菓子を買い込みます。
やはり運動をした後は、食欲がわきますし、これは仕方がないことかもしれないです。
厳密なカロリー収支は、この際、気にしないことにしましょう…
DSC08772

そして、北浦の町を一周して参りまして再び雲昌寺に戻ってきます。
先ほど買い込んできたお菓子をみんなでいただくわけですが、飲み物無しでは物足りないですので、今回は、五里合琴川の「こおひい工房珈音」のマスターに、特別にアイス珈琲をお寺の境内でドリップしていただきました。
作り置きでは無く、目の前でドリップしていただきまして、お寺の境内に、珈琲の独特の香りが広がります。
DSC08776

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

珈音さんのアイス珈琲と、金栄堂さんのお菓子で、しばし楽しいおやつタイムです。
今日は自転車談義というよりは、北浦のコト、紫陽花のコト、珈琲のコト、お菓子のコト、この日は比較的柔らかい話題で盛り上がります。
DSC08781

ひととおり、お菓子も、珈琲も、会話も楽しみましたらば、最後は座禅です。
実は、この日の参加者の3名は、お坊さんでありまして、なかなか貴重な組み合わせであります。
他の参加者は、ほぼ人生初めての座禅の組み方をイチから教えていただきました。
DSC08794

もちろんスタッフも含めて全員で参加いたしましたが、なかなかに難しかったです。
表面上の姿勢は組めていても、その胸中は雑念を取り払うまではいたらず、なかなかに自分の内面というのは、思い通りにならないやっかいなモノであると再認識。
しかし、座禅を組むという経験も、それこそ何かの縁がなければ、なかなか体験する機会がないでしょうし、その意味では参加された皆さんの胸中に、何かしら残せたものがあれば何よりです。
DSC08797

実際には3日も4日もかけて座禅を組むことで見えてくるコトもある世界だそうですので、その意味では僅か25分の座禅は、入り口の場所を教えてもらったようなもの。
機会があれば、またこうした場を設けるというのもいいのかなと思った次第です。

以上で、今年3回目(厳密には4回目)のサイクルアクティビティ男鹿2014は終了です。
自転車の距離が短い分、紫陽花、町の風情、アイス珈琲、座禅といろいろと工夫させていただいた回になりました。
本格的なサイクルアクティビティというわけではありませんが、これも自転車の特性を活かした、自転車文化を根付かせるためには、面白い企画だったのではないかと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です