サイクルアクティビティ男鹿 2015 no.5 男鹿一周 フォトレポート

男鹿一周というと、スタート/ゴールや、通過地点によって、様々なコースが考えられますが、今回設定したコースは、脇本をスタートで最も正当なコースとも言えます。

距離106km、獲得標高1700m。
大棧橋ラインから、戸賀坂、八望台、真山神社、寒風山といった、名だたる男鹿半島の難所をすべて超えてのコース設定は、これぞ男鹿一周。

IMG_2986

いつも通りの脇本スタートから、半島ルートの鉄則である時計回りに男鹿一周に取り掛かります。

最初の休憩ポイントは門前。

ここでは「ペコリーナ」さんにお願いして作って頂いた「干し柿入りのエナジーバー」。
ナッツとドライフルーツをメレンゲで固めたチョコ味仕上げの特製スイーツ。
固形のモノから補給していくという鉄則に従います。

2015-09-27 19.17.49

なぜかは知りませんが、今回は南磯通過時のペースが今までになく速かったようで、みなさんややオーバーペース気味。
予想以上に体力を消耗した方が多かったようで、いつもより多めの補給休憩になった模様です。

ストレッチをしてる方が、やや多め。

IMG_3003

そして大棧橋。
ここは、前半の最大の山場。
比較的手前側にある最高標高地点(白糸の滝P手前)を超えても、何度も何度も続くアップダウンに打ち勝たないと戸賀にへ向かえません。

IMG_2294

登坂力と、下りでの回復力がすべて。

苦難のアップダウンを超えれば、第2休憩ポイントの戸賀。
この日まで営業していた、期間限定のサイクルカフェにお邪魔します。

IMG_3012

こちらのカフェ運営は、おなじみの「こおひい工房珈音」さんです。

DSC_7224

以前のCAOでも提供していただいた、極上のチョコレートチーズケーキとドリンクメニューで体力回復。
この甘さ(糖分)が、効率よく回復とエネルギーに効きます。

IMG_2366

出発前に、おがーりあジャージ着用者が、かなりの数になってきたので集合写真。
黒と白にGDI(ジロ・デ・イタリア)のピンクをあしらった優しさと強さが同居するジャージの評判は上々です。

IMG_3023

このあとは苦難の戸賀坂を超え、一端に北側の海岸線に出てから、反時計回りに入道崎から八望台へと向かいます。
一見たいしたこと無さそうに見える区間ですが、それはど楽な場所ではないです。

戸賀坂は、男鹿半島ライドではすっかりおなじみになりましたが、半島内でもっともキツイ勾配を誇ります。
ただし、それほど距離は長くはないためにスプリンターヒルともいえる場所。
一度、距離を覚えたら、次からはタイムを狙ってアタックするのが楽しい場所です。

逆に八望台への登りは、緩い勾配&アップダウンが長く続くことになるので、ここまで疲労してきた身体のスタミナが試される場所。

IMG_2396

八望台を超えた後の第3休憩ポイントは北浦雲昌寺。
たびたび立ち寄らせてもらっている場所ですが、いつ来ても、この大きな木造の本堂の威容は素晴らしく、中でゆっくり休むには最適な場所になってくれています。

DSC_7260

再び「ペーコリーナ」さんの「滋養ケーキの梨とブルーチーズ」。
そば粉とレバーを配合、ビタミンB群とレチンが疲労回復、梨はシロップで煮てレモンのクエン酸入り。

2015-09-27 19.17.31

さらに、男鹿半島の五里合中石地区で栽培が盛んな和梨、今旬の「豊水」をたっぷりとご提供。
他にも、バナナに、パンに、塩飴に、と最後に備えて必要なカロリーをたっぷりと補充してもらいます。

IMG_2430

残すは山だけ。
それも2つ。

真山神社は標高160m程度で、なまはげラインからあがると100m程度しか獲得標高がありませんが、今回はあえて海岸線まで降りてからの登りですので、たっぷりと登りを堪能できるコース設定。

男鹿半島のこの地域は、海岸段丘という地形ですので、登って平坦、登って平坦の繰り返し、大棧橋のような下りがないので回復する暇はありません。
中盤戦までで大きくスタミナを消耗してる身体にキツイです。

IMG_2433

とはいえ、カメラを向けると皆さん余裕ですね~

この時点で、問題発生。
予定通りのコースで進むと、時間的にかなり厳しく、ゴールが日暮れ間際になる可能性が高く、その中でも集団走行は若干危険だろうとの判断で、ベテランライダーさん中心の発案でコースを変更することに。

五里合方面へは回らずに、このままなまはげラインを南下。
船川港仁井山の交差点側から寒風山へと挑むコースに変更。
既に脚が残っていないライダーさんは、そのまま茶臼峠を通過してゴールへ。

このあたり、男鹿半島も走り慣れているベテランライダーさんが多数いらっしゃいますし、無用な危険を冒さない判断は実に的確。

男鹿半島の難所をすべて超えてからの寒風山の登りは、355mという標高以上のキツさなのは間違いなく。
最後の登りに挑んだライダーさんの脚力は流石です。

IMG_2447

妻恋峠では、休憩組と、355m展望台アタック組が別れた模様。
この時点で355mに挑む脚が残ってるというのはすごすぎです。

途中コース変更をしたおかげで、残念ながら距離は100kmに到達しませんでしたが、それでも強烈なアップダウンを含む90km近いライドを、全員が事故なく、怪我なくクリアできはことに感謝。
参加者の皆さんのおかげです。

IMG_3036

休憩の場所、タイミング、時間、補給方法などを改善すれば、本来のコースでもなんとか男鹿一周は実現しそうですが、それはまた次回にもちこしです。

久しぶりに乗ったというライダーさんも、普段からばっちり鍛えてるライダーさんも、身体的にはかなりのダメージですので、ゆっくり休息して、また次のライドに向かってほしいです。

男鹿半島を含む秋田で、自転車に乗れる季節はあと2ヵ月も残っていないでしょうから。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です