サイクルアクティビティ男鹿2018 Vol.0 大潟村 フォトレポート

今日の会場は、男鹿半島からちょい離れて大潟村はソーラースポーツラインでの開催。

風は強いもののお天気良好、気温もほどほど。
良い自転車日和での開催とあいなりました。

ソーラースポーツラインは、大潟村のど真ん中を往復30kmで貫くクローズドコース。
(先の方は、現在整備されていないため、実質15kmの周回コース)

完全に貸し切りにすると、それなりのお値段になるんですが、実は個人では利用しやすい値段設定になっています。

せっかくこんなに面白いコースが身近にあるんだから、これは活用を模索してみようということでの、まずは初回開催です。

ほぼ平坦で、行って戻ってくるというコース設定ですので、あらゆる平地トレーニングに最適。
車、歩行者、障害物が存在しないので、とにかく走ることに集中できます。

計測機材を持ち込めばTT大会が簡単に開催できますし、使いどころに悩むTTバイクをお持ちの方なら、秋田県内で、こここそ最大の力を発揮できるコースなのは間違いない。

TTでなくとも、集団走行、トレインの練習といった一般公道ではやりにくいトレーニングを安全に実施できますし、ここはもっと活用していきたい場所です。

ただし、基本周りに遮蔽物がない場所がほとんどなので、風の影響は強く、今日もなかなかの風速。
行きは快調に追い風ですが、帰りは強烈な向かい風。
ハンドルに伏せって、ひたすらペダリングするという…まぁ、トレーニングにはやはり最適です。

参加された方は15km周回 x 2~3本…出しきっていかれました。
風景を楽しむ…などではなくて、全力で出しきるのにこれほど適した道というのも唯一ですね。

今度もいろんな形態を模索しながら、活用していきたいと思います。

おまけ:
急遽始まった愛車の撮影会。
ちょい良いめのカメラ使って撮影した写真は、いー記念です。
参加された方はぜひダウンロードを!

サイクルアクティビティ男鹿2018 Vol.0 大潟村 フォトレポート」への2件のフィードバック

  1. ソーラースポーツラインでは大変お世話になり有難うございました。
    皆さんの素敵なロードバイクと気持ち良いマナーに接して、とても楽しく過ごさせていただきました。愛車の撮影会はとても貴重で、すべて画像を保存させていただき記念になりました。障害物のないコースでの走行は、夢の様なご機嫌な体験で病みつきになります。体験出来たことを幸せに思います。
    また機会がありましたら是非参加したい気持ちですので、宜しくお願いします。

    • ご参加ありがとうございました。
      大潟村での開催は定期的に行っていこうかと考えてますので、今度ともよろしくお願いします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です