サイクルアクティビティ男鹿 mini 2016 no.4 北浦真山

CAO2016_04サイクルアクティビティ男鹿(CAO)2016の本年4回目、北浦真山miniを開催いたします。

— 7/6追記【お知らせ】—
今回のCAO2016 mini no.4 北浦真山は7/10(日曜)開催予定でしたが、当日の天気予報が悪く、雷の予報も出ております。

そこで急遽、スタッフ、関係者、参加者の皆様にご相談させていただきまして、7/9(土曜)の開催に変更させていただきました。

急な変更になりますが、よろしくお願いいたします。
— 追記ここまで —

かつての男鹿半島の中心地、北浦を中心に真山神社から入道崎、そしてアジサイ寺としてすっかり有名になった雲昌寺を回る北側コース。
走行距離は30kmほどですが、真山神社へと登る行程がありますので、ちょっとだけ大変ですが頑張って登ってみましょう(念のためのヘルプも、こっそり準備しております…)。

真山神社では、自転車を持込させていただきまして、安全祈願のご祈祷をお願いしています。
一般公道で楽しむスポーツである以上は、避けようの無い事故というのもありますし、神頼みというのも良い選択です。

そこから入道崎までは、アップダウンはありますが大きな標高差は無く。
そこを往復して北浦に戻ります。

アジサイが見頃を迎えている雲昌寺は、もうすっかり有名になったコトもあって、当日はかなりの人出やクルマが予想されますので接触事故などに気をつけつつ境内を散策。
360度青一色の世界を堪能できます。

お昼は、里山のカフェににぎで頂きます。
普段のランチ&カフェメニューに、ちょっと一工夫があるかも。

※集合場所について
今回は、走行距離を抑える関係で、集合場所がいつもと違います。
男鹿市北浦の十二桜森林公園に集合になりますので、お間違えの無いように。

なお、希望される方がいれば、いつもの脇本の集合場所に30分前(8:30)に集合いただき、そこからスタッフ車で先導いたします。
お申し込みの時に、ご連絡ください。

●コースマップ

●日程 :2016年7月9日(土曜)
●集合 :9時00分 男鹿市北浦 十二桜森林公園
●目的地:門前
●解散 :14時00分 スタート地点で解散の予定

●定員 :15名
●参加費:2,500円
●自転車:スポーツサイクル(ロードバイク、マウンテンバイク、ランドナー、等)

※お願い
お申し込みは7/7(木)までお願いします。
また、悪天候が予想され開催中止の場合も7/7(木)までに決定してお知らせいたします。

※サポートカー
今回もサポートカーを用意しまして、全体の様子を見ながら移動します。
クーラーボックスも積みますので、食料含め若干の荷物を預けてもらって結構です。
怪我、病気(熱中症等)時の対応、急ぎの搬送も行います。

●申し込み方法
メール、お電話もしくはFacebookにてお申込みください。
その際、お名前、住所、連絡先電話番号、メールアドレス、自転車の種類(ロードバイク、MTB等)をご連絡ください。

メールアドレス:infogalia@ogalia.com
電話番号:070-3971-8543
Facebook:おがーりあイベントページ

●保険について
サイクルアクティビティ男鹿では、スポーツ保険等には加入しておりません。
少人数で適当な金額の保険が見つからないこともありますが、日常的にスポーツバイクに乗られる方々には、個人的に通年の自転車保険に加入すること の方がメリットが多いという判断もしております。

いくつかオススメの自転車保険をピックアップしておりますので、ご参考に。

・ドコモ サイクル保険
https://www.nttdocomo.co.jp/service/convenience/insurance/cycle_insurance/

・自転車向け保険「ケガの保険 Bycle」
http://www.au-sonpo.co.jp/pc/bycle/

・CYCLE 自転車の保険
http://www.hokende.com/lpo/cycle/

・チューリッヒ・スーパー自動車保険(自転車の特約)
http://www.zurich.co.jp/direct/auto/compensation/other/living.html

●その他
・必要なモノ
 自転車に乗る服装で、ヘルメット、グローブは必ず装着してください。
 整備された自転車で、ライト、ベル、後方反射材等の装備をお願いします。
 飲み物(水、スポーツドリンクなど)
 食べ物(必要に応じて)
 タオル、日焼け対策等は任意で。

 他にも必要と思うものは持参ください。荷物になる場合は車に積みますので。

●年間スケジュール

4/17(SUN) 寒風山(mini) ←終了
5/22(SUN) 男鹿一周←終了
6/ 5(SUN) 門前(mini)←終了
7/10(SUN) 北浦真山(mini)
8/28(SUN) 加茂青砂

CAO flat 2016 no.3 門前 フォトレポート

第三回目のCAO2016は、予定していた戸賀でのmini開催をキャンセルし、門前までの南磯コースを走るflatコースにて開催。

行って帰ってくるだけのシンプルなコース設定ですが、晴れた日の男鹿半島の南側の海岸線、通称「南磯」は、それだけでも素晴らしい景色を見せてくれます。

朝は少々肌寒い感じで雲も多かったですが、スタート後少しづつ晴れてきて、五社堂に着く頃にはすっかり快晴。
絶好のライド日和になってくれました。

今回の参加人数は13名。
フラットなコース設定ということもあって、初参加の方や、ビギナーの方の参加もあり、いろんな自転車乗りの皆さんに集まっていただけました。

RIMG1980

スタート&ゴールはいつもと同じ脇本から。
簡単なミーティング、ハンドサインの出し方等覚えていただけたら、さっそくスタートです。

DSC01592

CAOでは、基本的にペースやグループを指定するわけでなく、それぞれが自分のペースでの走行になります。
とはいえ、せっかくのライドイベントなので、みなさん自然と近いペースのヒトとのグループ走になるのが常。
ベテランライダーさんが、後方のビギナーさんのサポートをしながら走ったり、足だめしをしたい人が先頭集団に食いついていったりとか様々。

それでもって、先頭を走るベテランライダーさんは、ある程度の距離のところで適宜休憩を入れてくれるので、そこで全体が再集合することになります。
もちろん、先についた人は後方を待つことになるわけですが、それがイヤかというとそうではなく。

RIMG2013

こんな感じで、自転車談義が盛り上がってます。
家族や、職場では、反応の薄い自転車話が、ここでは延々と途切れなく。
機材の話、ライドの話、練習の話、自転車あるある話。

DSC01631

ライドに持ち歩くツール缶の中身を話し合ってみたりと、お互いにためになる話も。

DSC01665

こうした時間もCAOの楽しみ方の一つですし、比較的小さなライドイベントの魅力だと思います。

RIMG2019RIMG2020RIMG2022RIMG2023

鵜ノ崎で軽く休憩をとった後は一気に門前まで。

RIMG2031

門前のナマハゲ像の前では定番ポーズをこの人数で。
13人と1匹のポージング!

RIMG2039

そうこうしながら一行は門前に到着。
軽く休憩を入れた後、今回の特別企画である五社堂参拝のスタート。

五社堂は、この夏800周年を迎え、今年は記念行事がたくさん予定されています。
中でも、五社堂境内に積み上げる「千年杉の塔」は、目玉企画の一つ。

DSC01650

今回はその土台となる薪の積み上げを少しだけお手伝いです。

DSC01649

五社堂に参拝される方、本山真山を目指して登山される方、トレイルランナーに皆さん、石段を登る時に1本でも2本でも手に持って上がってもらえれば、大いに助かるということでしたので、ちょっとだけ運ばせてもらいました。

自転車用のクリートがついたシューズでは石段は登りにくいので、あらかじめ普段靴をサポートカーに積んで履き替えてもらっての石段登りです。

RIMG2045

五社堂を登る石段は、両側から木の枝が伸び日差しを遮ってくれますので、心地よい木漏れ日の風景を創りだしてくれます。
こんな風景の中を登れるのは、年間を通じてもそうそうはありませんで、良い日にあたりました。

RIMG2053

林の中に現れる五社堂の境内は、いつ来ても神秘的な雰囲気を漂わせています。
おそらく、こんなにサイクルジャージの一団が来たのは初めてなんじゃないかと思いますが、みなさん境内を散策しつつ参拝。

RIMG2056

五社堂満喫です。

RIMG2058

下山しましたら、お待ちかねのキッシュ&スイーツ。

まずは、見た目以上のボリューム感のあるキッシュの2種セット!
今回は秋田市新屋にある、カフェ「conoha」さんから。

DSC01655

左が「ベーコン&チーズ&タマネギのキッシュ」…香りの良いこだわりチーズを使用。ベーコンの旨味、玉ねぎの甘みが感じられます。
右が「サーモン&ほうれん草のキッシュ」…フレッシュハーブ・ディルの風味が漂う爽やかなキッシュです。北海道産サーモンと秋田産ほうれん草の色も鮮やか。

さらには、秋田市手形にある、パティスリーメゾン・ナカのスイーツ3種詰め合わせ。

DSC01651

・チュイル(スライスアーモンドが入ったフランス煎餅)
・パウンドケーキ(カット済み)
・パート・ド・フリュイ(一口大のゼリー)

パウンドケーキとゼリーは、数種類あるものを組み合わせて袋にいれてあるので、参加者さんのお好みでお選びいただきました。

あとは、ドリンクとバナナ(こちらおがーりあスタッフさんからの差し入れです)。

RIMG2067

五社堂の駐車場にて、参加者さん同士で歓談しながらのブレークタイム。
こういうの大事です。

この日は、五社堂800周年祭の実行委員の皆さんも薪の運搬作業中で、せっかくなのでこの夏の五社堂の記念行事ほかについてお話してもらいました。
こーした地道な作業が実を結んで、盛り上がってくれるといいですね。

RIMG2069
詳しくはこちらのFacebookページにて→「赤神神社五社堂八百年祭実行委員会」

帰りは同じコースを戻ります。
来るときに比べて天気が良くなっているので、風景を見ながらマイペースで。

休憩は鵜ノ崎一箇所で、頑張って脇本を目指します。
それにしてもいい天気。

DSC01659

スタート地点の脇本に無事に到着。
今回も無事に、怪我なく、事故なく、全員楽しめたようでなによりです。

DSC01694

次回のCAOは7/10(SUN)の北浦になりますが、もしかするとその前にスピンオフ企画あるかも。
決まりましたらこちらでお知らせいたします。

サイクルアクティビティ男鹿 flat 2016 no.3 門前

CAO2016_03今年3回目のサイクルアクティビティ男鹿(CAO)2016のお知らせです。

今回は、事前に告知していた予定を変更いたしまして、到着地を戸賀から門前へと変更させていただきます。
「CAO mini 戸賀」から「CAO flat 門前」と名称も変更いたします。

CAO mini は、ビギナーの方も想定した開催でしたが、1回目の寒風山周回コースも、それなりにアップダウンのあるコースでした。
そこで今回は、ほぼ平坦路になる、脇本から船川、鵜ノ崎を通って門前に向かう、フラットコースに変更させていただきました。

こちらのコースの海岸線は、景観としては男鹿半島の中でも最高のシーサイドコースで、景色を見ながら走るのであれば、一番楽しめる道でもあります。

●五社堂参拝
門前と言えば、こちらにも有名な神社のお社:五社堂があります。
国の重要文化財で、皆さん知ってるけれど意外と登ったことがない場所。
せっかくですので、希望する方には999段の石段を登って参拝していきましょう。

参加者全員の普段靴をサポートカーで運びますので、必ずご持参ください。

今年の夏には五社堂建立800周年のイベントがあり、五社堂の前に積み上げる記念シンボル「千年杉の塔」の基礎になる薪の積み上げを参拝者に依頼してますので、せっかくなのでこちらも一本持って上がっていきましょう。

※なお、五社堂999段の石段はMTBでも行けない場所ですので念のため。

●食事
今回のお食事は、残念ながらこの近辺で手頃なお昼を提供してくれるお店がないため、ちょっと良さ気な携行食をご用意。

まず、秋田市新屋のカフェ「conoha」さんから、2種類のキッシュを。

・「ベーコン&チーズ&タマネギのキッシュ」…香りの良いこだわりチーズを使用。ベーコンの旨味、玉ねぎの甘みが感じられます。
・「サーモン&ほうれん草のキッシュ」…フレッシュハーブ・ディルの風味が漂う爽やかなキッシュです。北海道産サーモンと秋田産ほうれん草の色も鮮やか。

さらに、秋田市手形のパティスリー「メゾン・ナカ」さんからは、3点の焼き菓子とゼリーをセレクト。

・チュイル(スライスアーモンドが入ったフランス煎餅)
・パウンドケーキ(カット済み)
・パート・ド・フリュイ(一口大のゼリー)

13282817_902414273237529_891233329_o

パウンドケーキとパート・ド・フリュイは、数種類あるので、組み合わせたセットの中からお選びいただけます。

●コースマップ

●日程 :2016年6月5日(日)
●集合 :9時00分 男鹿市脇本ヤマダ電機”跡地”脇の駐車場に集合
    (秋田県男鹿市脇本脇本石館46)
●目的地:門前
●解散 :13時00分 スタート地点で解散の予定

●定員 :15名
●参加費:2,500円
●自転車:スポーツサイクル(ロードバイク、マウンテンバイク、ランドナー、等)

※お願い
お申し込みは6/2(木)までお願いします。
また、悪天候が予想され開催中止の場合も6/2(木)までに決定してお知らせいたします。

※サポートカー
今回もサポートカーを用意しまして、全体の様子を見ながら移動します。
クーラーボックスも積みますので、食料含め若干の荷物を預けてもらって結構です。
怪我、病気(熱中症等)時の対応、急ぎの搬送も行います。

●申し込み方法
メール、お電話もしくはFacebookにてお申込みください。
その際、お名前、住所、連絡先電話番号、メールアドレス、自転車の種類(ロードバイク、MTB等)をご連絡ください。

メールアドレス:infogalia@ogalia.com
電話番号:070-3971-8543
Facebook:おがーりあイベントページ

●保険について
サイクルアクティビティ男鹿では、スポーツ保険等には加入しておりません。
少人数で適当な金額の保険が見つからないこともありますが、日常的にスポーツバイクに乗られる方々には、個人的に通年の自転車保険に加入すること の方がメリットが多いという判断もしております。

いくつかオススメの自転車保険をピックアップしておりますので、ご参考に。

・ドコモ サイクル保険
https://www.nttdocomo.co.jp/service/convenience/insurance/cycle_insurance/

・自転車向け保険「ケガの保険 Bycle」
http://www.au-sonpo.co.jp/pc/bycle/

・CYCLE 自転車の保険
http://www.hokende.com/lpo/cycle/

・チューリッヒ・スーパー自動車保険(自転車の特約)
http://www.zurich.co.jp/direct/auto/compensation/other/living.html

●その他
・必要なモノ
 自転車に乗る服装で、ヘルメット、グローブは必ず装着してください。
 整備された自転車で、ライト、ベル、後方反射材等の装備をお願いします。
 飲み物(水、スポーツドリンクなど)
 食べ物(必要に応じて)
 タオル、日焼け対策等は任意で。

 他にも必要と思うものは持参ください。荷物になる場合は車に積みますので。

●年間スケジュール

4/17(SUN) 寒風山(mini) ←終了
5/22(SUN) 男鹿一周←終了
6/ 5(SUN) 門前(mini)
7/10(SUN) 北浦真山(mini)
8/28(SUN) 加茂青砂

CAO 2016 no.2 男鹿一周 フォトレポート

5/22(SUN)のお天気は、予報どおりの快晴!
注意するのは、日焼けと熱中症というありがたい天候の中で開催しましたCAO2016 no.2 男鹿一周のフォトレポートをお届けします。

コースはこちら。

いつもと同じ脇本をスタートいたしまして、前半は寒風山へのアタックから男鹿温泉郷へ。
後半は、真山神社から宮沢海岸、払戸観光案内所と、来週開催のGREAT EARTH男鹿半島なまはげライドをトレースしたコース。

そーゆーこともありまして、サポートライダーの皆さんにも多数参加いただきまして、ハンドサインや事前の注意事項、コースの迷い易い場所の確認などなど、ミニ講習会も兼ねての開催です。

集合場所に集まっていただいたのは22名の参加者。
今回も初参加の方々をお迎えしつつ、自己紹介、ミーティングと進めまして、準備が出来ましたらば、いよいよスタートです。

今回は、GEのコースに入っていることもあって生鼻崎トンネルを通過して、いとくの前を通過します。

DSC01464

交通量の多いバイパスのトンネルは、自転車乗りにとっては危険なポイントの一つ。
生鼻崎は幸いにして下り車線側にガードレースに守られた歩道がありますので、こちらをライトをつけて徐行して通過します。
なにより安全第一です。

DSC01480

最初のエイドポイントは寒風山中腹。
田中の交差点から上がってきて最初の突き当りの交差点脇にある公園で、まずは軽くバナナで補給。
この日は予想以上に気温が上がりまして、予定ではここは休憩ポイントではなかったんですが、給水も含めて無理せずライドしてもらうために急遽ポイントを追加しました。

DSC01488

そして、ここから先は寒風山へのアタックコース。
脇本側から登るのとは違って、山頂に行くまでに一度丘を超えないといけないぶん、こちらからの方がちょっとキツいです。
それでも参加者全員が山頂に向かいました。

DSC01506

もちろん、無理は禁物。
皆さん、マイペースは守りつつ、各自の判断で山頂は回避したりと、自分に合った楽しみ方で寒風山を満喫。

DSC01532

下山した後は、今度はなまはげラインに合流して男鹿温泉郷へ向かいます。
ここはGEのスタート&ゴール地点確認だけの予定だったんですが、かなりの暑さだったので補給ポイントに変更。

DSC01541

ここで、おがーりあCAOならではの、特製スイーツの登場です。
今回は、「こおひい工房珈音」さんにお願いいたしまして、特製のパン&スイーツを用意させていただきました。

ここで登場したのはカップケーキ。
抹茶のスポンジと大納言小豆入りのクリームを重ね合わせた特別製。
冷凍したものをクーラーボックスで持ってきたので、冷っとした感じで、暑い日のスイーツにぴったりでした。

DSC01542

この後は、GEコースのトレースに入ります。
次に向かうのは真山神社。
寒風山ほどではないですが、ここも登りが続くきつめのコース。
神社参道脇もお店の芝生の上を借りまして、ここでは特製のベーグルで補給です。

DSC01553

珈音のエスプレッソを練り込んだ生地にチョコチップと胡桃を合わせた、ちょい甘めのおやつですが、噛みごたえもあって、腹持ちもよさそうで、これも自転車乗りの補給食には合いそうです。

DSC01586

また、この他にも、いつでもどこでも食べられるようにバーケーキも提供してます。
ベーグルが噛み応えのあるものですので、こちらはクッキーというよりはバターケーキに近いものにしました。
ブルーベリーのジャムを焼き込んであります。目のお疲れ回復にも!
こちらはサイクルジャージのバックポケットに収まりますし、参加者みなさんの、それぞれのタイミングで食していただきました。

DSC_7442

さてさて、お参りも済ませましたら次へ行きましょう。

DSC01560

ちなみにこの時点で、10本用意していたペットボトルドリンクは、ほぼ終了。
気温上昇は予め予想してましたので、北浦のホームセンターでさらに8本を追加。
ちなみに、水は20Lタンクと10Lタンクに満載していたので、サイクルボトルの中を空にするようなことは無かったですが、やはりこの暑さでは給水には注意したところです。

真山神社を降りましたら、次は宮沢海岸へ。
五里合あたりまでは道は一本道なので気持よくライドできますが、そこから先はやや道が入り組んでます。
お渡ししたコースマップが、それほど詳細でなかったこともあって、ミスコースする方もいらっしゃいましたが、そこはみなさん自転車乗り。
慌てず騒がず、次の目的地の「宮沢海岸」という道路標識を探したり、野生のカンを発揮したりと、それぞれの方法で次の補給ポイントにたどり着きます。

DSC01577

ここでは、既に主催者側で用意した補給食は無かったのですが、なんと参加者さんの差し入れのグリッシーニと、おがーりあメンバーによるサプライズ差し入れのライスケーキが用意されていて、今まで以上に豪華な補給食に。

DSC01574

こんなコトがあると、それなりに難儀しながらも継続してきて良かったなぁ…と思う瞬間でもあります。
年に一度の大きな大会では、こーゆー自由な楽しみ方は味わえませんから。

ここから払戸観光案内所までは、八郎潟の残存湖脇を走りますが、途中道が途切れたり、交通量の多い道を回避したりGEのコースが入り組んでいるので、このあたりを確認しながらのライドになりました。

DSC01580

何名か迷子になりつつも、無事に到着。
全員揃ったことを確認しましたら、スタート地点の脇本へ向かい、そのままゴールです。

今回も、おかげさまで、事故もなく、大きな怪我もなく、無事にスタート地点に全員戻ってこれました。

DSC_7467

この日は、うちのイベントだけで無く、余所でも、自転車好きな方がそれぞれイベントや練習会を組んで、それぞれのやり方で自転車を楽しんでいて、何か凄くいい方向に向かっていってる気がします。

逆に言えば、こんなイベント過密な日に、CAOを選んで参加された皆様には感謝したいと思います。
次回の開催も6/5(SUN)とすぐ来ますので、さっそく準備に取り掛かりましょう。

サイクルアクティビティ男鹿2016 no.2 男鹿一周

CAO2016_02
【満員御礼】
たくさんのお申し込み、ありがとうございました。
おかげさまで、参加申し込みが定員に到達いたしましたので、申し込みを締め切らせていただきます。
—————————————————–

今年2回目のサイクルアクティビティ男鹿 CAO2016 no.2 男鹿一周のご案内です。

今年は一般的な男鹿一周に比べると、ちょっと趣向を凝らしたコースでの開催。

大棧橋を通過してしまうと後半のコースを平坦中心で寒風山などの山場を外してしまいがち。
そこで今回は、例年通過してた大棧橋を外して、男鹿の北側(寒風山、真山神社、宮沢海岸)を中心としたコースにしてみました。

海と山が接近する男鹿半島。
どうせならロングライドとヒルクライムの両方を楽しむのも男鹿一周の楽しみ方です。

また、今回のCAOの翌週には、「GREAT EARTH 男鹿半島なまはげライド」も開催されますので、こちらのコース確認も含めたコースを設定してみました。

あえて南側の大棧橋ルートは外してあります。
そのかわり、一般的にはあまり使われないルートも含んでるので、後々、ソロやグループで男鹿半島を楽しむときにも大いに参考になるはず。

●食事
食事はロングライドになるので補給食スタイルです。

「こおひい工房珈音」さんから特製の「パン&スイーツ」を提供いただきます。

パンはベーグル系のちょい甘めのものを。
スイーツは、落ち着いて食べられるものと、手軽に食べられるスティック系のものを一つづつ用意する予定です。

補給ポイントはGREAT EARTHにならって真山神社、宮沢海岸、払戸の3箇所を設ける予定です。
それぞれで、ドリンク(水、お茶、スポーツドリンク、炭酸など)を用意します。

サイクルボトルの補給水も十分に準備しますので、シングルボトルで十分に行けるかと思います。

あまりお腹いっぱいにならずに、あまり休みすぎずに、なるべくパフォーマンスを保ちながら走るように提供する予定。

よくあるジェルやゼリータイプの補給食もいいですが、いっぱい走って、美味しく食べるのが、CAOの基本です。
ぜひ、みなさまのご参加をお待ちしております。

●コースマップ

コースの前半は、なまはげラインを骨格にして、寒風山と真山神社をクリアする山沿いのコース。
そこから男鹿半島の北側のルートへ入って、海沿いを走り宮沢海岸へ。
最後は大潟村残存湖の脇を抜けて船越を抜けてゴールです。

●日程 :2016年5月22日(日)
●集合 :9時00分 男鹿市脇本ヤマダ電機”跡地”脇の駐車場に集合
    (秋田県男鹿市脇本脇本石館46)
●目的地:寒風山、真山神社、男鹿温泉郷、宮沢海岸
●解散 :16時00分 スタート地点で解散の予定

●定員 :20名
●参加費:3,000円
●自転車:スポーツサイクル(ロードバイク、マウンテンバイク、ランドナー、等)

※お願い
お申し込みは5/19(木)までお願いします。
また、悪天候が予想され開催中止の場合も5/19(木)までに決定してお知らせいたします。

※サポートカー
今回もサポートカーを用意しまして、全体の様子を見ながら移動します。
クーラーボックスも積みますので、食料含め若干の荷物を預けてもらって結構です。
怪我、病気(熱中症等)時の対応、急ぎの搬送も行います。

●申し込み方法
メール、お電話もしくはFacebookにてお申込みください。
その際、お名前、住所、連絡先電話番号、メールアドレス、自転車の種類(ロードバイク、MTB等)をご連絡ください。

メールアドレス:infogalia@ogalia.com
電話番号:070-3971-8543
Facebook:おがーりあイベントページ

●保険について
サイクルアクティビティ男鹿では、スポーツ保険等には加入しておりません。
少人数で適当な金額の保険が見つからないこともありますが、日常的にスポーツバイクに乗られる方々には、個人的に通年の自転車保険に加入すること の方がメリットが多いという判断もしております。

いくつかオススメの自転車保険をピックアップしておりますので、ご参考に。

・ドコモ サイクル保険
https://www.nttdocomo.co.jp/service/convenience/insurance/cycle_insurance/

・自転車向け保険「ケガの保険 Bycle」
http://www.au-sonpo.co.jp/pc/bycle/

・CYCLE 自転車の保険
http://www.hokende.com/lpo/cycle/

・チューリッヒ・スーパー自動車保険(自転車の特約)
http://www.zurich.co.jp/direct/auto/compensation/other/living.html

●その他
・必要なモノ
 自転車に乗る服装で、ヘルメット、グローブは必ず装着してください。
 整備された自転車で、ライト、ベル、後方反射材等の装備をお願いします。
 飲み物(水、スポーツドリンクなど)
 食べ物(必要に応じて)
 タオル、日焼け対策等は任意で。

 他にも必要と思うものは持参ください。荷物になる場合は車に積みますので。

●年間スケジュール

4/17(SUN) 寒風山(mini) ←終了
5/22(SUN) 男鹿一周
6/ 5(SUN) 戸賀(mini)
7/10(SUN) 北浦真山(mini)
8/28(SUN) 加茂青砂

CAO mini 2016 no.1 寒風山 フォトレポート

2016年さいしょのCAOは寒風山周辺で遊ぶminiスタイルでの開催。
昨年までのコース設定だと、走行距離50kmオーバーで獲得標高も1000mを超えることが多く、ビギナーさんには参加しずらかったのは確か。

今年は距離を30km程度に抑えたminiスタイルでの開催を導入。
今回は1回目になりますが、はたしてどうなることか。

開催日荒天により前日開催

無情にも開催日4/17日の予報は雨。
しかも降水確率90%とライドするには絶望的な予報。

夏なら雨の中を走るのも悪くはないですが、この季節はまだ肌寒く体調を崩す恐れも。
それに対して前日4/16日は晴れが期待できる天気予報。

ならばということで、参加者さんに確認を取りまして、前日に前倒しにしての開催といたしました。
急な変更でしたが、ありがたいことに10名の方にご参加いただけました。

なお、日曜しか参加できない方には、おそらくライドするには難しそうな予報ですので、屋内でできる企画を用意する予定です。

このあたり、大きな仕掛けは何も無く、人と食の都合さえつけば、いつでも開催できるCAOの強みでもあります。

day1

今回は、10名のうち3名の方が初参加。
普段それほど距離や登りを走らない方々の参加もありまして、miniスタイルでの開催ならではです。

RIMG1823

用意したコースは、寒風山を登るコースがこちら。

寒風山を回るコースがこちら。

今回はminiスタイルでの開催ということで、普段はロングライドをしてるベテランの方も、今日はのんびりライド。
ビギナーさんのペースも意識しながら、必要に応じてサポートするようなスタイル。
こーゆーのは、これからも模索していきたいです。

DSC_7292

一方で、寒風山に登られたのはお二人のみ。
平地に比べると格段に南風が強かったんですが、元気に山頂まで登られてました。
健脚です。

RIMG1844

登る組と、回る組が合流して、男鹿中から五里合琴川に向かう山道を行きます。

RIMG1879

前日の雨のせいか、道が汚れたのは予想外。
一台パンクもありましたが、手早くチューブ交換して再スタート。

全員そろって、五里合琴川にある、こおひい工房珈音に到着いたしました。

RIMG1886

この日のメニューは、ベイクドチーズケーキ&カフェ。
カフェは自家焙煎の珈琲から、お好みの一品をチョイス。

DSC_7316

自転車談義に花咲かせながら、楽しい時間を過ぎていきます。

そして本日のメインは、和牛カレー。
知る人ぞ知る、ここ珈音にしかないランチメニュー。

DSC_7325

帰りは五里合琴川から、滝ノ頭を経由して脇本まで戻ります。

滝ノ頭は、寒風山の岩山でろ過されたミネラル豊富な湧き水。
年間を通じて、豊富に湧き出してます。

RIMG1907

道路脇で自由にくみ出せるようになってるので、自転車乗りなら覚えておくといい場所。
クレソンの無人販売も好評です。

RIMG1909

最後のアップダウンをクリアして、全員無事に脇本へ。
お疲れ様でした!

DSC_7373

day2

翌4/17(日)は、日程的に日曜参加のみの方のためのCAOアフター。
予報が悪い中でも5名の方が参加してくださいました。

今にも雨が降りそうな空模様をみて、寒風山往復のショートコースに変更。
ぐずぐずしてると、雨がぐずりそうなので、早速スタートです。

2016-04-17 09.09.49

この日は参加者全員が寒風山へ。
南からの強風に煽られながらも、懸命のペダリングで山頂へ。

DSC01380

一息いれたいとこですが、雨がぽつぽつ来てしまいましたので、慌てて下山。
本日のライドはここまでとなりました。

時間が空きましたので、市内某所のガレージに集まりまして、パンク修理講座&自転車談義でまったりと濃い時間を。
自転車乗りが集まると、どーしても乗りたくなるのは仕方ないですが、こうやってじっくり作業に取り組んだり、メンテスキルの向上に充てるのもいいですね。

こーゆー企画も広めていきたいところです。

サイクルアクティビティ男鹿2016 no.1 寒風山

CAO2016_012016年、最初のサイクルアクティビティ男鹿(CAO)のご案内です。

***参加者さんへの連絡事項***
4/17(日)の降水確率90%と非常に高く、当日ライドできるかどうかが怪しいため、若干日程の変更をしたいと思います。

CAOminiの開催日を4/16(土)に変更した上で、4/17(日)はCAO悪天候対応バージョンとして開催いたします。
実質、2日連続開催ということになります。
参加可能な日をお知らせください。

土曜の参加が可能な方は、晴れた中でのCAOminiに参加いただき、日曜でなければ予定が合わないという方は、予定通りに参加いただいてオッケーです。

雨の中を走るのも夏なら悪くないですが、まだ肌寒く体調を崩す危険もあります。

日曜が雨になった場合は、天気をみながら短縮コースで開催するか、昼食のみで解散するか、どこかでライド講座等を開催するかは、当日に天候を見ながら判断いたします。
もちろん、悪天候の中でまでライドはしたくないという方は、キャンセルしていただいても構いません(なるべく早めに連絡お願いします)。

現在、参加を申し込まれた方は、どちらに参加していただいてもオッケーです。
参加費は2,500円そのままです。

いないとは思いますが、2日連続でも参加費は2,500円だけ。
ただし、昼食だけはどちらか1日になるので、2日続きの方は1食は各自で工夫していただければ。

*****連絡事項ここまで*****

今季は、従来のCAOに加えて、距離と獲得標高を抑えたCAO miniも開催いたします。

第1回めになる寒風山は、mini形式での初開催になります。
どんなイベントになるかは、主催者側でも予測しかねる部分がありますが、ワク
ワクしながら準備を進めております。

自転車を始めたけれども、まだ日が浅い方や、体力にちょっと自信はないけど、
少しづつ自転車での楽しみ方を覚えたい方、歓迎いたします。

万が一のトラブルでも、他の参加者さんに助けてもらったり、サポートカーによ
るバックアップも受けられますので、一人で練習するよりも安心してお 楽しみ
いただけるかと思います。
昼食時など、普段疑問に思っているコトや、機材や練習など知りたいことを何で
も聞く、またとないチャンスですので是非!

また、何度もご参加いただいているベテランライダーさんには、ぜひともビギ
ナーさんのサポートをお願いしたいと思います。

2016-04-02 11.34.43

お昼は、五里合琴川にあります「こおひい工房珈音」さんにて、グルメストアフ
クシマさんの手による「秋田錦牛煮込みカレー」に「スイーツ&カ フェ」を
セットで。
いっぱい走って、美味しく食べるのが、CAOの基本です。
ぜひ、みなさまのご参加をお待ちしております。

●コースマップ

コースは二通り。
寒風山を登るコースと、寒風山を回るコース。
参加者さんのレベルに合わせてお選びいただけます。

1.寒風山を登るコース

距離35km、獲得標高633mのミドルコース。
寒風山を登って脚を試しつつ、男鹿中~五里合を回って、滝ノ頭を通って帰る
コース。
寒風山周辺の面白いところを十分に楽しめるコースです。

2.寒風山を回るコース

常に寒風山を右手に見つつ、時計回りに一周するコース。
寒風山はありませので獲得標高が385mと、ずっとチャレンジしやすいコースです。
それでも、途中そこそこの峠やアップダウンを通りますので、自転車での登り方
を覚えるには最適なコース。

※mini開催はコース行程が短いので、通常のCAOより早めに解散となる予定です。
 希望される方には、昼食後の追加ライドのご案内もいたしますので、ご相談く
ださい。

●日程 :2016年4月17日(日)
●集合 :9時00分 男鹿市脇本ヤマダ電機”跡地”脇の駐車場に集合
    (秋田県男鹿市脇本脇本石館46)
●目的地:寒風山、五里合
●解散 :13時30分 スタート地点で解散の予定

●定員 :15名
●参加費:2,500円
●自転車:スポーツサイクル(ロードバイク、マウンテンバイク、ランドナー、等)

※お願い
お申し込みは4/14(木)までお願いします。
また、悪天候が予想され開催中止の場合も4/14(木)までに決定してお知らせいた
します。

※サポートカー
今回もサポートカーを用意しまして、全体の様子を見ながら移動します。
クーラーボックスも積みますので、食料含め若干の荷物を預けてもらって結構です。
怪我、病気(熱中症等)時の対応、急ぎの搬送も行います。

●申し込み方法
メール、お電話もしくはFacebookにてお申込みください。
その際、お名前、住所、連絡先電話番号、メールアドレス、自転車の種類(ロー
ドバイク、MTB等)をご連絡ください。

メールアドレス:infogalia@ogalia.com
電話番号:070-3971-8543
Facebook:おがーりあイベントページ

●保険について
サイクルアクティビティ男鹿では、スポーツ保険等には加入しておりません。
少人数で適当な金額の保険が見つからないこともありますが、日常的にスポーツ
バイクに乗られる方々には、個人的に通年の自転車保険に加入すること の方が
メリットが多いという判断もしております。

いくつかオススメの自転車保険をピックアップしておりますので、ご参考に。

・ドコモ サイクル保険
https://www.nttdocomo.co.jp/service/convenience/insurance/cycle_insurance/

・自転車向け保険「ケガの保険 Bycle」
http://www.au-sonpo.co.jp/pc/bycle/

・CYCLE 自転車の保険
http://www.hokende.com/lpo/cycle/

・チューリッヒ・スーパー自動車保険(自転車の特約)
http://www.zurich.co.jp/direct/auto/compensation/other/living.html

●その他
・必要なモノ
 自転車に乗る服装で、ヘルメット、グローブは必ず装着してください。
 整備された自転車で、ライト、ベル、後方反射材等の装備をお願いします。
 飲み物(水、スポーツドリンクなど)
 食べ物(必要に応じて)
 タオル、日焼け対策等は任意で。

 他にも必要と思うものは持参ください。荷物になる場合は車に積みますので。

●年間スケジュール

4/17(SUN) 寒風山(mini)
5/22(SUN) 男鹿一周
6/ 5(SUN) 戸賀(mini)
7/10(SUN) 北浦真山(mini)
8/28(SUN) 加茂青砂

CAO2016の開催スケジュール決まりました

お待たせいたしました。
今年のCAO2016の開催日程が決まりましたので、お知らせいたします。

 4/17(SUN) CAOmini 寒風山
 5/22(SUN) CAO 男鹿一周
 6/5(SUN) CAOmini 戸賀
 7/10(SUN) CAOmini 北浦真山
 8/28(SUN) CAO 加茂青砂

今年は全5回。
従来のCAOに加えて、距離30km、獲得標高500mほどのCAOminiも開催予定!

まだライド歴が浅く、男鹿で50kmオーバーはまだ不安という方でも無理なく参加できる内容です。
ベテランライダーの皆さんにも、ぜひサポートをお願いしたく。

だいたいお昼まででコースを完了して、その後は身体を休めるもよし、ライドを継続するもよし、という流れでいこうかと思います。
各回の詳細については追ってイベントページなどで告知いたしますので、お楽しみに。

※追記
今年はレギュラー開催は5回に減らしましたので、そのぶん、追加開催やスピンオフ、他地域(男鹿以外)との連携開催など、いろいろ企画を探っていく予定。
「協力して何かやりましょう!」的なご提案もございましたら、ぜひお知らせいただければ。

サイクルアクティビティ男鹿 2015 no.6 THE RIDE フォトレポート

2015年、最後のサイクルアクティビティ男鹿は、3つのお寺を巡る、とてもありがたいライドとして企画、開催いたしました。

今回もスタートは脇本から。
例によって、スタート前のコース説明と、注意事項、自己紹介してスタートの準備に取り掛かります。

DSC01190

ここから船川大龍寺、五里合耕嶽院、北浦雲昌寺の順番に回ります。

ここで、ちょいとアテンドライダーが遅れたため船川の三角広場で待ち合わせ。
皆さん妙に余裕です。

DSC01199

そして、少しキツめの坂を登って高台にある船川大龍寺に到着。
境内を拝見、ご案内していただきました。

DSC01204

大きな鐘をつかせていただいたり。

DSC01208

美味しい湧き水をいただいたり。

DSC01221

お茶とお菓子をご馳走になったり。

DSC01233

大変お世話になりました。
大龍寺はとても大きなお寺で、庭園の紅葉もこれから本格化して見ごろを迎えます、
秋お男鹿半島ライドには、ぜひともコースに加えていただきたい場所の一つです。

続いて五里合へと向かいます。
今回は船川から男鹿中へは、地元の人しか使わない山道(舗装されてます)を選択。

多少アップダウンはありますが、それほど標高はなく交通量も極端に少ないため自転車で走るには楽しいコースです。

DSC01235

さらに、男鹿中から五里合へは、地元の人もなかなか使わない山道(舗装されてます)を選択。
こちらは、さらに道幅も細く、本当に車が通りません。
こうした場所を気兼ねなく、それぞれのペースでライドできるのは、本当に楽しい。
普段、町中で自転車に乗ることの多いライダーさんにはぜひとも走っていただきたいコースの一つです。

DSC01266

こちらの道は、五里合琴川のこおひい工房珈音のすぐ脇にでます。
この日は、こちらでも「おがーりあ」のイベントを開催してましたので、ちょっとご挨拶をして、さらに先を急ぎます。

DSC01270

ほどなく、五里合箱井にある、耕嶽院さんに到着です。

DSC01278

こちらでもお茶菓子の歓待を受けつつ、ちょっとだけ座禅指導など。

DSC01281

意外なほど、昨今のお寺事情などで盛り上がり、住職さん達との楽しい時間が過ぎていきます。
耕岳院さんは、大きさこそそれほどでもないですが、それ故に居心地のよい素敵なお寺です。

最後は、北浦へと向かいます。

こちらのコースはいつもの海岸線コース。
この日は好天で、空の青と漁港から見渡せる深い青色が印象的な、絶好のシーサイドライド日和でした。

男鹿半島の海は、秋こそ最も青く映えます。

DSC01290

いつもお世話になっております、北浦雲昌寺に到着。
先月の男鹿一周の時もお世話になりました。

今回の昼食は、秋田市内で人気の「種と実」さんに作って頂いた特製パンです。

DSC01295

畑のフォカッチャに、ココナッツあんパン、そしてココナッツとスライスアーモンドのフロランタン。
これにこおひい工房珈音さんのドリップ珈琲に、旬の男鹿梨、雲昌寺さんに差し入れていただいたみかん。

DSC01294

思い思いの歓談タイムが過ぎていきます。
話題の中心はやっぱり自転車ですが、今日はお寺や仏教の話題にもなったり、不思議に楽しい時間でした。

名残惜しくも、歓談タイムを切り上げ、お世話になった住職さん達にご挨拶して、ゴールへと向かいます。

DSC01296

DSC01298

DSC01302

DSC01304

そーしまして、まだ脚力が残ってるよ~っていう皆さんは、予定コースを外れて寒風山山頂を目指してヒルクライム。
今日のところは十分という皆さんは、朝通過した茶臼峠を逆に回って、スタート&ゴール地点の脇本に到着。

DSC01312

今回も参加者の皆さんのおかげで、事故なく、怪我なく、楽しい秋寺ライドにすることができました。
予想以上のお寺の皆さんの歓待で、解散時間は少々遅くなりましたが、これだけ楽しい時間を過ごすことができまして、大変感謝しております。

普段は、まず入る機会のないお寺で、これだけゆったりした時間を過ごせたのは、本当によい体験になりました。

今年のサイクルアクティビティ男鹿は今回で最終回となりますが、来年もこうした機会を積極的に作っていきたいと考えてます。

自転車を好きな人が、気軽に集まり、みんなで楽しく過ごす。
キツいコースもあれば、ゆったりのコースもあり。
いろいろと広い層の方々が、楽しく集える場づくりを続けていければ…と考えておりますので、皆様、今後もよろしくお願いいたします。

サイクルアクティビティ男鹿2015 no.6 THE RIDE

teraid_3010
今年最後のサイクルアクティビティ男鹿2015開催のお知らせです。

今回は、男鹿半島にある3つのお寺をめぐり、深まりゆく秋を堪能する企画です。

船川大龍寺 ~ 五里合耕嶽院 ~ 北浦雲昌寺

普段あまり行くこともないお寺。
広い境内と、歴史が詰まった建物は、いるだけで落ち着く不思議な空間です。
今回は、お寺を起点に男鹿半島を、ゆっくり回る企画になります。

THE RIDE…寺ライド…てらいど…

今回は、難所と言われるような場所はなるべく避けて、そこそこのアップダウンを含んだミドルコース。
ライドと休憩を程よく組み合わせておりますので、それほど脚力に自信のない方でもチャレンジできるコース設定です。

お昼は「種と実」さんに特製のパンをお願いしております。

●日程 :2015年10月18日(日)
●集合 :9時00分 男鹿市脇本ヤマダ電機”跡地”脇の駐車場に集合
●目的地:船川、五里合、北浦
●解散 :14時30分 スタート地点で解散の予定

●定員 :15名
●参加費:2,500円
●自転車:スポーツサイクル(ロードバイク、マウンテンバイク、ランドナー、等)

※お願い
お申し込みは10/15(木)までお願いします。
また、悪天候が予想され開催中止の場合も10/15(木)までに決定してお知らせいたします。

※サポートカー
今回もサポートカーを用意しまして、全体の様子を見ながら移動します。
クーラーボックスも積みますので、食料含め若干の荷物を預けてもらって結構です。
怪我、病気(熱中症等)時の対応、急ぎの搬送も行います。

●コースマップ
http://latlonglab.yahoo.co.jp/route/watch?id=a7bd8fe94b81ff4edd72e4040b225e4e

距離55km、獲得標高755mのミドルコース。
それほど強烈なアップダウンもありませんが、地元に人も滅多に使わないようなマイナーな道も走るので、男鹿半島フリークの方には、参考になるコースかも。

●申し込み方法
メール、お電話もしくはFacebookにてお申込みください。
その際、お名前、住所、連絡先電話番号、メールアドレス、自転車の種類(ロードバイク、MTB等)をご連絡ください。

メールアドレス:infogalia@ogalia.com
電話番号:080-2396-8304
Facebook:松橋和久

●保険について
サイクルアクティビティ男鹿では、今年はスポーツ保険等には加入しておりません。
少人数で適当な金額の保険が見つからないこともありますが、日常的にスポーツバイクに乗られる方々には、個人的に通年の自転車保険に加入することの方がメリットが多いという判断もしております。

いくつかオススメの自転車保険をピックアップしておりますので、ご参考に。

・ドコモ サイクル保険
https://www.nttdocomo.co.jp/service/convenience/insurance/cycle_insurance/

・自転車向け保険「ケガの保険 Bycle」
http://www.au-sonpo.co.jp/pc/bycle/

・CYCLE 自転車の保険
http://www.hokende.com/lpo/cycle/

・チューリッヒ・スーパー自動車保険(自転車の特約)
http://www.zurich.co.jp/direct/auto/compensation/other/living.html

●その他
・必要なモノ
 自転車に乗る服装で、ヘルメット、グローブは必ず装着してください。
 整備された自転車で、ライト、ベル、後方反射材等の装備をお願いします。
 飲み物(水、スポーツドリンクなど)
 食べ物(必要に応じて)
 タオル、日焼け対策等は任意で。

 他にも必要と思うものは持参ください。荷物になる場合は車に積みますので。

●年間スケジュール

4/19(SUN) CAOGE(終了)
5/23(SAT) 寒風山(終了)
6/28(SUN) 真山(終了)
8/29(SAT) 加茂青砂(終了)
9/27(SUN) 男鹿一周(終了)
10/18(SUN) THE RIDE