角間崎 食と大地の祭り フォトレポート

今回は男鹿市角間崎の婦人会の元気なお母さん達と一緒に、潟上市昭和のダイサン・クレタ店でのカフェ・ランチイベントのフォトレポートをお送りいたします。
9/24、9/25の二日間にわたって、楽しく、元気で、美味しいイベントとなりました。

提供したメニューは、告知でお伝えした通り。

kakumazaki

ジャガイモのニョッキ(角間崎農園風)、サンドフィッシュサンド、ズンダコッタ
角間崎婦人会の皆さんから提供いただいた食材を中心に、おがーりあの吉田岳青シェフが腕を振るったメニューが並びます。

14470549_1250570228327413_3851727779172305897_n

さらに、こおひい工房珈音の珈音ブレンド&エチオピアのプレスコーヒー。
男鹿市五里合中石でとれた和梨を使った梨スイーツをイベント限定でご提供。

14479585_1250570294994073_1685741151533354111_n

これに角間崎でとれた秋の野菜を中心にした産直コーナー。
カボチャ、ジャガイモ、にがりを使って栽培したお米に、男鹿市浜間口で栽培したお蕎麦にそばつゆとラインナップは多彩。

コラボイベントらしく、多彩な内容が揃いました。

初日のカフェはゆったりとしたペースでスタート。
ジャガイモのニョッキは、吉田シェフと角間崎婦人会の皆さんが当日にどんどん仕込んでいきます。
婦人会の皆さんが予定してた以上の人数でお手伝いいただけたおかげで順調に仕込みが進みます。

2016-09-24-10-14-10

開店直後は、角間崎のお知り合いの皆さんが様子見ついでに立ち寄って利用されていく感じでしたが、お昼が近づくにしたがって徐々にペースアップ。
新聞やホームページ、Facebookなどでイベントを知った皆さんが続々と来店し始めます。

2016-09-24-12-09-42

目玉メニューのジャガイモのニョッキと、サンドフィッシュサンドのセットメニューを中心に次々と注文されていきます。
お昼過ぎには予定していたニョッキの数量を売り切りまして、急遽、ニョッキの追加仕込みにかかるほどの好評ぶり。

14449859_982733498538939_3262157221784119274_n

また、季節の味でもある梨スイーツも好評で、二日分として用意していた量の大半を初日で売り切ることになりました。
ほんとうに、ありがたい。

14449011_1248265378557898_4235112297159727626_n

続きまして二日目。
事前の告知に加えて、イベント初日の様子が写真付きで地元新聞に掲載されたこともあって、開店直後からお客さんが詰めかけます。
たちまち店内のお席がいっぱいに。

2016-09-25-11-14-51

お店の前にも数名お待ちいただくほどの盛況ぶりになりまして、立ったままお待ちいただくのも申し訳ないということで、ダイサン・クレタ店のご厚意でテーブルとイスを追加していただきました。
ありがたいです。

店内では、角間崎のお母さん達や、おがーりあの土田代表が、お客さんたちとゆっくりとお話しをしています。
お料理のコト、角間崎のコト、おがーりあのコト、イタリアのコト。

ほかの飲食イベントではあまり見られない光景だとは思いますが、ただ単純に料理を提供したり、農産物を売るだけじゃなくて、こうして来てくれた人と会って、お話をして、いろんな思いをつなげていくのも、おがーりあの大事なスタイルです。
モノとサービスだけのやりとりでは、ちょっと寂しいですものね。

その後も、お昼過ぎにかかるまで客足は途絶えることなく、次々とメニューの注文が入ります。
用意していた食材も底をつきはじめ、メニューによっては完売品も出始めます。

14469436_1250570344994068_4607177979832201321_n

ニョッキ用のソースも一旦なくなってしまったんですが、その後も来店されるお客さんがいらっしゃることもありまして、こちらも急遽、カボチャベースのソースを用意して、ニョッキの提供を継続。

そして3時を過ぎるころには、ニョッキ、サンドフィッシュサンド、ズンダコッタ、梨スイーツとご用意した料理とスイーツはすべて完売。
角間崎の産直品も順調な売り上げをみせまして、無事にイベント終了となりました。
ご来店いただいた皆さま、一緒にイベントを作り上げていただきました角間崎婦人会の皆さま、本当にありがとうございました。

14390664_1250570218327414_1875275739638346285_n

角間崎婦人会の皆さんも厨房に、配膳に、接客にと楽しく、元気にイベント開催を満喫していただけたようで何よりです。

コラボイベントは、事前の準備や打ち合わせなどで、単独イベントよりも手間暇はかかりますが、そのぶん、今まで出会えなかった魅力的なたくさんの人と出会える機会が持てるスタイルです。

今後も機会を見てコラボイベントも開催していきたいと思いますので、ご期待ください。

角間崎 食と大地の祭り(新聞掲載)

いよいよ今週末、9/24、25の二日間にわたって、おがーりあと角間崎婦人会さんのコラボイベント「角間崎 食と大地の祭り」が開催されます。

地元、秋田魁新聞の地域欄にも大きく掲載していただきましたので、この週末、ぜひ足を運んでいただければ!
会場となるダイサンクレタも素敵なお店ですので、買い物ついでにでも、どうぞ~

2016-09-22-09-32-56

角間崎 食と大地の祭り(告知)

kakumazaki
◆角間崎の農産物を使ったイタリアン カフェ ランチ&産直市

男鹿市角間崎は、普段側を通りがかることがあっても、足を止めて降り立つという機会はなかなかないのでは、と思います。
しかしそこには、魅力的な人たちがいて、豊かな大地も存在します。
「おがーりあ」のコラボイベント第3弾は、そんな角間崎の魅力に着目し、地域のお母さん方と協力し、地元で育った野菜を使ったランチ会を開催します。
角間崎の豊かな大地で育った食材を使用した創作イタリアンランチと、「おがーりあ」名物、香り豊かなコーヒーをご提供します。
コアな地域の魅力を「食べて」、「出会って」、「感じて」もらえたら・・・!と考えています。

≪日時≫ 9月24日(土)25日(日)11:00~16:00くらい
≪会場≫ 潟上市 スーパーダイサン クレタ店
≪主催≫ 角間崎婦人会、おがーりあ
≪協賛≫ 浜のそば、男鹿にがり米愛好会
≪協力≫ こおひい工房 珈音、ペコリーナ

【角間崎 婦人会】
角間崎の若手女性グループ。いろんな年代の方々が参加し触れ合える機会を作っています。
【おがーりあ】
秋田の土地や食べ物に「×イタリア」をすることで、新しい視点での楽しみや人の繋がりを創造します。
「浜のそば」
 男鹿の東海岸地域の耕作放棄地を利用したそばの生産者グループです。最近工房を角間崎にオープンしました。
「男鹿にがり米愛好会」
 男鹿のにがりを使ったお米の生産者グループ

≪男鹿の食材を使ったイタリアンメニュー≫
・ジャガイモのニョッキ、角間崎農園風
 ニョッキはジャガイモを使った団子状のパスタ。角間崎の夏野菜を、しょっつるを使ったトマトソースで煮込みました。
・サンドフィッシュサンド
 男鹿の特産ハタハタ寿司をサンドイッチにしました。スライス玉ねぎとノリの風味が食欲を誘います。
・ズンダコッタ
 枝豆を潰してパンナコッタにしました。枝豆の香りがたっぷりのデザートです。
・梨スイーツ
 男鹿梨を使った「こおひい工房 珈音」さんの特製梨デザートです。

≪男鹿の農産物の直売≫
「角間崎の野菜」
 角間崎の美味しい野菜を販売します。
「浜そば、にがり米」
 男鹿浜間口周辺の耕作放棄地でそばの栽培をしています。今年の粉はまだですが、県産のそば粉を使った生そばを販売します。また男鹿塩から出たにがりを使った、男鹿にがり米は若美地区で栽培しています。

≪問い合わせ先≫ おがーりあ  070-5327-0141(吉田)
                  infogalia@ogalia.com

浜の蕎麦と珈琲と、人々の願い。

IMG_7634
男鹿市の北西部に「浜間口」という場所があります。その名のとおり「浜の間口」となって海岸線に沿って家が点在している集落です。
側には海と、川と、山があって、とりわけ滝川の伏流水は下流の農地に豊かな恵みを与えてきました。ただ海沿いの田畑は塩害に弱く、長い歴史の中で自然との闘い・心労が続いてきたのも事実であります。
そんな浜間口の休耕田となった場所に、75日で収穫可能で労力的にもいけるということでソバを植え、このソバで地域を活性化させようと頑張っている「おが・東海岸推進協議会(加藤真一会長)」から、何か一緒に面白いことができないかと「おがーりあ」に打診があり、まずは7/24(日)に浜間口の「浜ソバの種まき体験」があるというので早速土田会長と出かけてきました。
IMG_6998
トラクターで耕起を行った後、日差しの照りつけるなか時折汗を拭いながら数十人が一列になってゆっくりと前進、種を蒔きました。
農作業はたまにお手伝いすることもあるスタッフYですが、ソバの種蒔きは初体験。トラクターに乗るのが初めてな土田会長ともども、真剣に楽しませてもらいました。
IMG_7013
また、この日は五里合の「こおひい工房珈音」でのホタルカフェ最終日。
「おが・東海岸推進協議会」さんからは浜蕎麦の提供をいただき、「おがーりあ」からはスタッフ吉田の「サンドフィッシュ(=ハタハタ)・サンド」を提供、今宵限りのスペシャルメニューでお客様を出迎えました。
IMG_7030
お蕎麦を打つのは、蕎麦愛に取りつかれ今回の「浜間口の蕎麦プロジェクト」を立ち上げた一人でもある、進藤由秀さん。船越に「そば処・江戸一」というお店も構えています。
この日来たお客様は驚きながらも、いつもより特別なお品書きに喜ばれ、続々とオーダー。お蕎麦もサンドイッチも完売御礼でした!
IMG_7034
お腹が満たされた後は、「こおひい工房珈音」のマスターであり「おがーりあ」メンバーでもある佐藤さんより蛍の見どころへ案内して貰う蛍散策。時折、林の方から流れてくる風が心地よかったです。
帰って来てからは、いつもの「おがーりあ」スタッフ、珈音の常連さんや男鹿の知り合い、初めて来られたお客様などと軽くお話タイム。
コーヒーとお蕎麦って意外に合うんだなぁ~と思いながら、暮れゆく空を眺めていました。
IMG_7045
そして8/27(土)、種蒔きから一か月経った浜間口はご覧のとおり真っ白いソバの花。風にそよそよと揺れており、とても可憐でした。
IMG_7644
蕎麦畑を中心に、集落や付近をプチトレッキング。
滝川河口をスタートし、浜間口橋から中地区大地、「新奥の細道」の一部となっている、割とうっそうでうっでぃーな林道へ。その後小漆川堤の湧水で喉を潤し、蕎麦畑の脇にある浜田峠まで。トレッキングっていうよりプチオリエンテーリングですね。子どもの頃は日常茶飯事の遊びでしたが、こんな大人になってからは滅多にないので、逆に新鮮。(スタッフYは好きです。これ、普通にイベント化しちゃいませんか?)
IMG_7608
さて、そんなお腹を空かせた一向がソバ畑に注目している間、土田会長が「おがーりあ」の紹介をしていました。
IMG_7623
その後、お蕎麦の試食会がありましたが、こちらが大変。
募集は30人だったそうですが、蓋を開けてみたら50人ものお客さん!一人前につき1分少々ゆで時間がかかるので、二つの鍋で頑張っても全員に行き渡るまでなんと一時間もかかってしまいましたが、辛抱強くお待ちいただきました。それだけ、皆さん浜間口のソバに関心を持ったという証ですね~。
蕎麦を打つのは、前回同様(きっと、これからも…)進藤さん、茹でたてを提供する奥様、息の合った二人三脚が流石でした。試食会では、そんな彼らの蕎麦提供のお手伝いと、珈音のコーヒーを淹れさせていただきました。
IMG_7660
この日の様子は、9月2日(金)18時15分からの秋田朝日TV、5ch、ニュース番組「トレタテ!」でも放送。
IMG_7600
ここで問題です。
どの辺が「イタリア的な視点」を持った「おがーりあ」が関わる経緯となったと思います?
実はこの海岸線、門前や戸賀など南側の入り組んだ断崖絶壁とは違い、なだらかでソフトなイメージ。それが「おがーりあ」の「女性的で柔らかい印象をまとったお洒落なイタリア的視点」に重なり、今回の協力へとつながりました。
最近では「おが東海岸」なんて呼称で呼ばれつつありますが、この呼称の生みの親は加藤さん。「基本は楽しく、僕らが楽しいことを、お越しになる参加者へ伝えることができれば、活動の輪が広がって行く」という思いは「おがーりあ」としてもとても共感できるものと思います。
協議会皆さんの活動を「応縁・連携」しつつ、私たちおがーりあメンバーのアイディアも活かせるよう今後も協力させていただき、且つ、そこに住む住民の皆さんの想いや願いも大切にしたイベントを実現させていきたいです。
ということで、次回は今年採れた新ソバと男鹿産食材を使用した収穫祭を予定しています。

(10月30日(日)に予定していた「浜のそば収穫祭」の日程は、10月22日(土)に変更になりました。)

「おがーりあ」からは、浜間口公民館にてそばを使ったパスタ料理講習会、イタリア収穫祭の講演を予定しております。
イタリアで食べられているそば粉のがレットとエスプレッソの提供、ミニ散策やミニサイクリング等をさせていただく予定です。

IMG_7605