サイクルアクティビティ男鹿2014 no.7 男鹿一周

たくさんのお申し込みありがとうございました。
定員に達しましたので、今回のお申し込みを締め切らせていただきます。

今回は男鹿一周です。
ハードなコースな分、食事も補給食スタイルでパフォーマンスを上げて、望んでいただきたいと思います。

2014-07-06 12.13.58t

●日程 :2014年10月19日(日)
●集合 :9時30分 男鹿市脇本ヤマダ電機脇の駐車場に集合
     (秋田県男鹿市脇本脇本字石館46-1)
●目的地:男鹿一周(ロングコース93km、ショートコース64km)
●解散 :16時30分 脇本で解散の予定

●定員 :20名
●参加費:2,500円(補給食含む)
●自転車:スポーツサイクル(ロードバイク、マウンテンバイク、ランドナー、等)

●コースマップ(PDF)
当日配布予定のコースマップです。
CAO7_コースマップ概要
CAO7_コースマップ詳細

今回は4名(サポートカー3台、サポートライダー1台)でサポートを行います。
チェックポイントでは、スタッフが参加者の通過を確認いたします。
また、間違いやすい交差点ではスタッフが誘導を行います。

ただし少数のスタッフでサポートを行うために、リタイヤされた方のサポートを行う場合など、予定していたポイントでのチェックや誘導ができなくなる可能性がありますので、なるべくマップでコースをご確認いただき、コースに詳しい方のペースに合わせるなど、各自でゴール地点を目指す工夫をお願いいたします。

なお、ロングコースには通過の基準タイムを設定いたしました。
この基準タイムを元にしてショートコースへの切り替えをお願いする場合もございますのでよろしくお願いいたします。

※お願い
お申し込みは10/17(金)までお願いします。
また、悪天候が予想され開催中止の場合も10/17(金)までに決定してお知らせいたします。

今回は男鹿一周です。
当然ながら距離も獲得標高も今期最大となりますのでご注意ください。

●コースマップ(ロングコース)

(画像をクリックすると、コース、標高等が詳細に表示されます)

走行距離93km、獲得標高1544mと、かなり上級者向けのコース設定です。

とはいえ、これだけでは単純に上級者向けのチャレンジイベントになってしまいますので、今回は通常のロングコースから、入道崎、八望台、寒風山をショートカットしたショートコースもご用意いたしました。

●コースマップ(ショートコース)

(画像をクリックすると、コース、標高等が詳細に表示されます)

とはいえ走行距離64km、獲得標高969mですので、それほど易しいコースではありません。

エントリー方法

まずはロングコース、ショートコースを参加お申込みの時にご指定ください。

ただし、途中の休憩において、ロングコース参加者でも、先頭より一定時間遅れた場合にはショートコースに変更させていただきます。
もちろん、体力、もしくは当日の体調などから自主的にシュートコースに変更されても結構です。

当日一定以上のペースでライド可能な方だけがロングコースを完走できるということにさせていただきます。

なお、無駄に競技性を高めるのが目的ではなく、少人数のサポートスタッフで開催しているため、あまり大きく遅れてしまった場合にサポートの手が回りきらなくなることを回避するための方策でありますので、ご了解願います。

※食事は補給食です
今回は、行程が長いこともありまして、途中補給食をお渡しする形での飲食になります。
いつもの飲食店、BBQといった食事ではありませんのでご注意ください。
定番補給食に加えて、手作りの特製補給食をご用意する予定です。
補給食をお配りする休憩地点は、戸賀ケ・セラ・セラと、北浦雲昌寺を予定しております。

スタート地点はいつもどおり、男鹿市脇本のヤマダ電機脇の駐車場です。
皆様、体調を整えてのご参加をお待ちしております。

●申し込み方法
メール、お電話もしくはFacebookにてお申込みください。
その際、お名前、住所、連絡先電話番号、メールアドレス、自転車の種類(ロードバイク、MTB等)をご連絡ください。

メールアドレス:infogalia@ogalia.com
電話番号:050-7301-7514
Facebook:松橋和久

●保険について
サイクルアクティビティ男鹿では、今年はスポーツ保険等には加入しておりません。
少人数で適当な金額の保険が見つからないこともありますが、日常的にスポーツバイクに乗られる方々には、個人的に通年の自転車保険に加入することの方がメリットが多いという判断もしております。

いくつかオススメの自転車保険をピックアップしておりますので、ご参考に。

ドコモ サイクル保険
自転車向け保険「ケガの保険 Bycle」
CYCLE 自転車の保険
チューリッヒ・スーパー自動車保険(自転車の特約)

●その他
・サポートカーを用意しまして、全体の様子を見ながら移動します。
 クーラーボックスも積みますので、食料含め若干の荷物を預けてもらって結構です。
 怪我、病気(熱中症)時の対応、急ぎの搬送も行います。

・必要なモノ
 自転車に乗る服装で、ヘルメット、グローブは必ず装着してください。
 整備された自転車で、ライト、ベル、後方反射材の装備をお願いします。
 飲み物(水、スポーツドリンクなど)
 食べ物(必要に応じて)
 タオル、日焼け対策等は任意で。

 他にも必要と思うものは持参ください。荷物になる場合は車に積みますので。

●年間スケジュール
11/ 8(土) 船川(紅葉の大龍寺)     ←ママチャリOK

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です