サイクルアクティビティ男鹿 2014 no.5 戸賀 フォトレポート

サイクルアクティビティ男鹿も後半戦に入りまして、今回は寒風山経由で戸賀に向かい、男鹿のうめものケ・セラ・セラにてパスタランチをいただき、帰りは男鹿で一番の激坂と言われる、「戸賀の旧道」を登って八望台経由で帰るハードなコースでの設定です。

参加された方のGPSロガーの記録によりますと、走行距離こそ52kmですが、獲得標高は1,112mにもなりますので、今年で一番ハードなコース設定になりました。

とはいえ、競技会でもチャレンジでもないサイクルアクティビティ男鹿ですので、各自がマイペースで走りを楽しんでいただくのが主旨でございます。
ヒルクライムの途中でギブアップされた方は山頂まで車に積んでの移動もオッケーですし、初めから山登りをパスする場合は迂回路も用意しています。
ほかにも、車に積んで他の方と合流しやすい位置まで移動したりと、楽しんでいただくことを第一に対応させていただきました。

今回は参加人数が過去最高の14名。
多彩な参加者が集まってくれたこともありまして、サポートカーも2台体制での実施となりました。

DSC08866

まずは、いつものスタート地点での集合写真。
まだ4名未到着ですが、この時点でもう多彩。
一番参加が多いのは、秋田市からですが、他にも能代市(2)、男鹿市(3)、最も遠方からは新潟市(1)から。
また、高校生が2名で、さらに50代の方の参加もあり。
自転車に乗り始めて半年ないという方もおりましたし、ほんとにいろいろな方々に集まっていただけてありがたいことです。

そして挨拶の後は、簡単な説明&自己紹介を行って、さっそく寒風山目指して出発しました。

IMG_7399

この日は、秋空に似つかわしくないぐらい日差しも強かったですが、寒風山を脇本側から登る場合は前半戦はほとんど木陰になるので、日差しによる消耗は避けられます。
ただし、ヒルクライムの鉄則は、とにかくマイペースをキープすること。
徐々に前後の差は広がりつつも、みなさん力強くペダルを廻していきます。

IMG_7408

皆さんが妻恋峠に到着いたしましすと、駐車場でいったん休憩。
山肌を抜ける風で、身体を冷まし、あるいは息を整えております。

IMG_7417

そして下りへ。

IMG_7424

当然ですが、下りはスピードが出ますし、寒風山の場合は道も曲がりくねっておりますので、慎重に、かつ大胆なテクニックが要求されますが、まぁ300m程度のダウンヒルですので、ブレーキ多めにかけて下ってもぜんぜん問題はありません。

さて、今回は女性二人の方が秋田市からJRで輪行での参加です。
うちお一人はアメリカ出身と、今回ご参加いただいた皆さんは、ほんとうに多彩。
輪行組のお二人を羽立駅でピックアップいたしましたら、初心者ということで寒風山をパスされた1名を加えて、3名の方を男鹿中まで車に載せて移動。
そこで自転車を組んでスタートしていただきました。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

寒風山組より先行してスタートしましたが、だいたい北浦あたりから合流する感じで、みなさん一路戸賀に向かって進んでいきます。

そして、本日のお昼をいただく「ケ・セラ・セラ」に到着!
まずは、この4名が一番乗り。
速いです。
余裕です。

IMG_7430

各自のペースで走りながら、次々にケ・セラ・セラに到着します。
ここは高台で、風が抜け、海がよく見えて、男鹿で最高のロケーションを持つカフェの一つです。
みなさん汗がひくのを待ちながら、海をみつつ休憩&歓談

IMG_7441

さて、この日のお昼のメニューはこちら。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

・ごろっとミートボールのトマトソースパスタ
・ササミとアボガドのサラダ
・魚介だしのスープ
・食後のコーヒー or 各種スムージー

DSC08911

スタッフ含めて16名ということで、2部屋に分けてランチです。
自転車乗りが集まると、やはり自転車の話題が尽きません。
サイクルスポーツのメリットの一つに、一人でも自由に始められるというのがありますが、それ故になかなか自転車の話を身近なヒトとする機会がないという話もよくあることです。
ここなら好きなだけ、好きな自転車の話をすることができるというのも、サイクルアクティビティ男鹿の楽しみの一つ。

DSC08905

さて、本日の昼食を提供頂いた、ケ・セラ・セラ工藤さんの笑顔に見送られて、後半戦スタート。

DSC08914

単独の坂道としては男鹿半島の中で最も厳しいと言われてる「戸賀の旧道」のアタックです。
最大斜度にして20度を超えるここの坂道は、一度は体験しておくべき道。
初心者はもちろん、体力が十分でない中級者レベルの方々にも、容赦ないペダルの重さが襲ってきます。
平地であれほど軽やかに走るスポーツバイクが、ここでは鉛のような重さに感じられます。

なんとか蛇行で切り抜けるヒト、限界を超えて自転車から降りて押して上がるヒト。
そして全身全霊で駆け上っていくヒト。
ほんとに今回の参加者は多彩のヒトが集まってくれました。

DSC08916

八望台では参加者の自転車に機材トラブル発生。
すかさず詳しい人達が工具を取り出し、応急処置にかかります。
飛行機の中で急病人が発生した際に、お医者様を募るのに似ていますが、なにしろサイクルアクティビティ男鹿には、自転車の好きな人の集まりですので、数名の方が中心になって調整を図ります。

DSC08921

どうも部品の変形も絡んでいるような不具合でしたので、走行可能なレベルへの調整と、部品交換に関してのアドバイスをしてもらって、再び走り始めます。

最後は、なまはげラインを通って、出発地点の脇本に向かいます。
そこそこアップダウンのあるコースですが、寒風山や戸賀の激坂に比べれば走りやすい部類のコースです。

今回も、参加14名全員が、事故無く、怪我無く、無事に出発地点の脇本に戻ってこれました。
これは本当になにより。

回を重ねる毎に徐々に参加者も増え、多彩な方々に集まっていただけるようになりまして、本当にありがたいと思っています。
スタッフの手の回ってない部分も、自転車スキルの高い参加者さんに助けられつつ、少しずつ男鹿半島と自転車乗りの縁を深めていける実感がわいてきています。

余所の大きな大会やチャレンジイベントでは個人競技としての面が強く出がちですが、サイクルアクティビティ男鹿の場合は、参加した全員がお昼を一緒に食べたり、要所要所で休憩をいれながら参加者同士の交流を深めたりと、他とは違った面がはっきりしてきました。

こうした形式、こうした雰囲気が醸成されてきたのも、今回はもちろん、今まで参加して頂いた参加者に恵まれてきた結果だと思います。
今までの全ての参加者の皆さんに感謝したいと思います。

さて、次回は9月28日(日)。
門前経由で加茂青砂に向かい、みんなでBBQを楽しみたいと思います。
さほど凝った形式を考えてるわけではありませんので、早めに募集告知したいと思いますので、もう少々お待ちください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です