サイクルアクティビティ男鹿 2014 no.4 船越 フォトレポート

夏真っ盛りの7月26日。
サイクルアクティビティ男鹿2014の第4回目、船越を開催いたしました。

今回も、前回の北浦同様、買い物自転車(ママチャリ)でも参加OKのゆる~い形式での開催。
ショートコースの中で、お菓子屋さんを2軒はしごして、最後は地元スタッフのガレージ軒先を借りた甘味パーティーという甘~いイベントになっております。

今回は6台の自転車での開催。
ロード2、折り畳み2、ミニベロ1、ママチャリ1と、普段の9割方ロードという割合とはだいぶ違います。
うち、新規の参加者さんが2名でした。
DSC08801

最初は、集合地点の脇本にあります湧水をご案内。
火山である寒風山の周辺は、湧水には事欠かない地域ではありますが、住宅街からすぐそばにある湧水というのは、多くはありません。
その昔、脇本にあったという大城の殿様が、お茶会を開くときに用いた水とされる「茶の水」。
DSC08809

湧水らしく夏でも冷たい水が、ちょっと控えめに流れ出ています。
20Lのタンクを入れるのは大変そうですが、サイクルボトルぐらいならすぐ一杯になります。
昔は生活に欠かせない湧水だったと聞いていますが、現在は上水道の普及で利用者は減っているものと思われます。
DSC08817

続いて、脇本城趾の登り口にある案内板を前に、かつてこの上に、東北有数の巨大なお城があったこと。
その没落後に、残念ながら城も朽ちて残っていないこと。
などなど、地元のスタッフがご案内。
一説には、この城があった岬はもっと海側に伸びてい、砂と泥という弱い地層のせいで、すでに海中に没してしまったとも言われているようです。
真偽のほどは、今のところ定かではないようです。

ここからは脇本漁港からのシーサイドライド。
天気もよく気温が高かったものの、潮風が気持ちよくて、ゆったりとしたライドになりました。
ちなみにこのコースは、船越→脇本間をバイパスを通らずに抜けられる男鹿半島の自転車乗りなら、覚えていて損のないルートです。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

船越では第1目標地点の「甘楽」さん。
小さな和菓子屋さんですが、工夫をこらした商品が並んでいて、夏限定スイーツもあったりと、なかなか楽しいお買い物。
だいたい予想通りの買い物量になったのはご愛敬。
DSC08831

続いて第2目標地点の「ボンヌ」さん。
こちらはカラフルなケーキやシュークリームが並ぶ洋菓子屋さん。
ここでも、和菓子と洋菓子は別腹という感じで、みんさんお菓子を買い込んでおりました。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

最後は、おがーりあ地元スタッフのガレージ軒先で、アウトドア用のイス・テーブルを並べての甘味パーティです。
あらかじめ準備しておいたアイス珈琲、アイスティー、ドリンク類や、差し入れの冷やしたメロンを切りながらの飲食&歓談の時間となりました。

ちなみに、この日は船川港の埠頭でロックフェスティバルも開催されていて、風向きのせいなのか、はっきり曲が分かるレベルで音が響いていました。
これはクレームの一つ二つ出るよなぁ…などと言いながら、楽しい時間を過ごさせていただきました。

解散はいつものように、各自の予定に合わせての自由解散です。
それなりにお菓子を食べているとはいえ昼食はまだですので、お昼過ぎには解散という流れに。

参加された皆様、お手伝いくださったスタッフの皆様、ありがとうございました。

サイクルアクティビティ男鹿2014は、9月からは後半戦、少々ハードなコースも登場してきますが、これからも自転車を使って皆様と楽しい時間を過ごせるように、頑張っていきたいと思いますので、今後ともよろしくお願いいたします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です