サイクルアクティビティ男鹿 2014 no.3 北浦 フォトレポート

6/28の土曜日。
北浦にて、サイクルアクティビティ男鹿2014の3回目を開催いたしました。
今回は、いつものように長距離を自転車で走るわけではなく、北浦の町の風情や歴史を感じていただきたい為の企画。
多くの町がそうであるように、北浦も、徒歩で廻るには広いけど、バスで動くわけにはいかにというサイズを、ぴったりカバーするという意味では自転車の速度は、ちょうどいい感じに当てはまります。

いつもの違い、今回の集合場所は北浦の雲昌寺に直接集まっていただきました。
そして、こちらの雲昌寺さんでは、この季節だけの特別な風景がありまして、それは境内を埋め尽くす1,000本の青い紫陽花。

副住職である古仲宗雲さんが、すべて自分の手で植えて育ててきた紫陽花で、紫陽花に囲まれた参道の素晴らしさは、とても言葉や写真だけでは伝えきれません。
今年は、例年に比べると若干早めのようで、ちょうど満開を迎えていました。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

今回の参加者は7名。
町を廻る短いコースですので、うち3名が中学生で、5名の新規参加者さんとなりました。
いつもとは違う形式にしたこともあり、新規の方に来ていただけたのは嬉しいことです。
ちなみに、遠くは、横手、大曲からの参加もありました。
ありがたいことです。
DSC08733

準備が出来たところで、全員自転車に乗りまして、北浦の町に出発です。
一周が、だいたい8.2kmほどの短いコースですが、様々な見所を、雲昌寺の古仲さんに案内していただきました。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

実は、北浦は男鹿半島の中で、最も歴史のある港町で、その風情が色濃く残っている町でもあります。
こういった場所は、ガイドマップを作成しても、小さな写真と活字だけでは、なかなか伝わりませんが、地元で暮らしている方に案内していただくだけで、途端に生き生きとした町に感じられますので不思議なものです。
この日も、地元をしっかりと見てきた地域のお寺さんならではの目線で案内していただきました。

古くから残っている巨木。
こういった歴史を語るものが町のあちこちにあります。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

ハタハタ漁の時は、男鹿半島で最も活気づく場所である広い漁港。
揚がったハタハタは、この広い場所いっぱいに用意した作業台の上で仕分けられ出荷されていきます。
ちなみに、そのタイミングであれば浜で直接買っていくこともできますし、市場価格よりはだいぶお買い得に買うことが出来ます。
もちろん、その日の水揚げがないと買うことができませんのでスーパーや市場のようにはいきませんが。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

DSC08766

寺院もたくさんありまして、それぞれの歴史の一端を話してもらうことで、本来、自分とは何の関係もないお寺であるにもかかわらず、身近な縁を感じるコトすらできます。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

途中、北浦唯一のお菓子屋さんである、鈴木金栄堂に寄り道。
お菓子を買い込みます。
昨年、船越で同様のスタイルで開催したのである程度予想はついていましたが、みなさん、けっこうな量のお菓子を買い込みます。
やはり運動をした後は、食欲がわきますし、これは仕方がないことかもしれないです。
厳密なカロリー収支は、この際、気にしないことにしましょう…
DSC08772

そして、北浦の町を一周して参りまして再び雲昌寺に戻ってきます。
先ほど買い込んできたお菓子をみんなでいただくわけですが、飲み物無しでは物足りないですので、今回は、五里合琴川の「こおひい工房珈音」のマスターに、特別にアイス珈琲をお寺の境内でドリップしていただきました。
作り置きでは無く、目の前でドリップしていただきまして、お寺の境内に、珈琲の独特の香りが広がります。
DSC08776

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

珈音さんのアイス珈琲と、金栄堂さんのお菓子で、しばし楽しいおやつタイムです。
今日は自転車談義というよりは、北浦のコト、紫陽花のコト、珈琲のコト、お菓子のコト、この日は比較的柔らかい話題で盛り上がります。
DSC08781

ひととおり、お菓子も、珈琲も、会話も楽しみましたらば、最後は座禅です。
実は、この日の参加者の3名は、お坊さんでありまして、なかなか貴重な組み合わせであります。
他の参加者は、ほぼ人生初めての座禅の組み方をイチから教えていただきました。
DSC08794

もちろんスタッフも含めて全員で参加いたしましたが、なかなかに難しかったです。
表面上の姿勢は組めていても、その胸中は雑念を取り払うまではいたらず、なかなかに自分の内面というのは、思い通りにならないやっかいなモノであると再認識。
しかし、座禅を組むという経験も、それこそ何かの縁がなければ、なかなか体験する機会がないでしょうし、その意味では参加された皆さんの胸中に、何かしら残せたものがあれば何よりです。
DSC08797

実際には3日も4日もかけて座禅を組むことで見えてくるコトもある世界だそうですので、その意味では僅か25分の座禅は、入り口の場所を教えてもらったようなもの。
機会があれば、またこうした場を設けるというのもいいのかなと思った次第です。

以上で、今年3回目(厳密には4回目)のサイクルアクティビティ男鹿2014は終了です。
自転車の距離が短い分、紫陽花、町の風情、アイス珈琲、座禅といろいろと工夫させていただいた回になりました。
本格的なサイクルアクティビティというわけではありませんが、これも自転車の特性を活かした、自転車文化を根付かせるためには、面白い企画だったのではないかと思います。

サイクルアクティビティ男鹿 2014 no.2と1/2 門前 フォトレポート

6/7に、門前までのコースを使ってサイクルアクティビティを追加開催いたしました。
今回はno.2とno.3の間がだいぶ開いていることもあり、せっかくなので少し短めのやつを追加で企画してみようという流れでの開催です。

コースは脇本から門前までのシーサイドコースです。

ただし、前2回のような登りのないフラットな構成ですので、スポーツサイクルのスピードであれば片道1時間程度の想定です。
お昼前には走り終えることでしょうし、今回は途中でおやつを買い込んで、門前でおやつタイムをとるだけのミニアクティビティにいたしました。
DSC08692

今回の参加者は7名。
今回スポーツサイクルは初めてという方も1名参加されまして、こちらで準備したMTBに乗ってもらい、往復40kmちょいの行程を無事に完走されました。
今年は、全体的に参加者のレベルが高く先頭グループはかなりのハイペースで走ることも多いのですが、サイクルアクティビティでは後方にスタッフライダーを走らせて、全員をサポートする形を取っています。

大きな大会や、本格的な練習会は敷居が高いと感じる自転車乗りの方もけっこういらっしゃるようですが、うちでは少人数イベントの強みを活かして、こうしたサポートも含めて進めていきたいと思っています。

ちなみに、今回は(今回も?)余所の大会が近いこともあって、秋田市内から自転車で自走される方も多かったです。
秋田市内からなら、門前まで往復で100kmちょいですので、確かに大会向けの調整にはいい距離です。
こうした方々も一緒に参加してくれるあたり、非常にありがたいと思っています。
DSC08693

いつもの脇本を出発し茶臼峠を通りまして船川港に向かいます。
最初に立ち寄るのはグルメストアフクシマ。
男鹿に来る人で、ここを知らないともぐりと言われるような定番スポットです。
DSC08694

大正創業の、お肉屋さんで、一番の売りはなんと言ってもコロッケ。
余所では味わえない、最高のコロッケを提供してくれます。
というわけで、おやつ用に人数分を確保。
ここはお総菜も、お弁当も美味しいので、お昼を含めたスタイルで開催する場合は人数分のお弁当を予約するのもいいです。

船川でおやつを買い込みましたら、ここから先はシーサイドライド。
県内では他に無い特徴的な岩石や、海岸の風景を見ながらの爽快なライドを楽しめます。
この日は、やや追い風ぎみということもあって、みなさん自慢の愛車を快走させて門前に向かいます。
DSC08697

ほぼ予想通りのタイムスケジュールで門前に到着。
今回は、五社堂登り口の駐車場の脇、木陰の場所をちょっと陣取らせていただきまして、おやつタイムです。
DSC08698

さきほど買い込みましたグルメストアフクシマのコロッケ。
スタッフがこっそり買ってきた、ゴンタローの水羊羹。
それに、ジュース類を加えてのおやつタイム。

こうしてのんびりしてると、さすがは自転車乗り。
自転車にまつわる話が尽きません。
機材の話、コースの話、熊の話、などなど。
あっという間に時間が過ぎていきます。
DSC08700

名残惜しいというわけではないですが、いつまでも休んでるわけにもいかないので、折り返し行程に入ります。
行きが追い風だったということは、帰りは向かい風です。
自転車乗りにとって、坂と向かい風は、逃れるわけに行かない十字架のようなものですので、ここは気合いをいれて帰りのペダルを踏みます。
DSC08706

DSC08707

そうした、無事にスタート地点の脇本に到着。
今回も、若干ミスコースなどはありましたが、それはまぁうちの場合はいつものコトでもありますし、全員が事故なく、怪我なく、楽しんで帰ってこれたことで恩の字でございます。
DSC08713

男鹿半島に自転車乗りの文化を根付かせたいと思い、小さいながらも回数を増やしながら開催しておりますサイクルアクティビティですが、今回の追加開催も含めて全9回の1/3が終わりました。
おかげさまで、新規で参加される方も徐々に増えてまいりまして、少しずつ「自転車=男鹿半島」のイメージが広がってきてる感じで、僅かながらも手応えを感じています。

残りの2/3も、いろいろと試行錯誤をしつつ、参加された方が楽しんで帰っていただけるように、そして、自転車乗るなら男鹿半島に行こうかと言ってもらえるようなスタイルが広まっていくよう、引き続き頑張ってみたいと思います。

イタリアン de 鯛フェスタ vol.2 フォトレポート

6月5日。
先日の、秋田市での開催に続く、「イタリアン de 鯛フェスタ」のVol.2を開催いたしました。
今回は、マダイ揚がる男鹿半島は戸賀浜の高台にあります「男鹿のうめものカフェ・ランチ Que sera sera」にて開催させていただきました。
DSC_6634

平日のお昼という特定層向けの企画にはなりましたが、予想した以上のお申し込みをいただき、嬉しい限りです。

普通に集まっていただいて食事するだけでも、十分美味しい集まりになるとは思いますが、今回はちょっとだけ男鹿半島の成り立ちや、地形の魅力も囓っていただきました。

そのための集合場所は八望台。
男鹿半島の先端近くにあり、八方に男鹿半島の魅力的な風景を見渡せる、とっておきの高台です。

今回は男鹿半島・大潟ジオパークの公認ガイドである、夏井興一さんにお話いただきました。
すぐ近くに見渡せる、一の目潟、二の目潟、戸賀湾の火山爆発による成り立ちや、周辺の地形が段々に形成されてる秘密、などなど。
DSC_6567

あまり学術的な話題に振っても専門家や学生ではありませんから、そのあたりを気をつけつつ。
目の前に見えている素晴らしい風景が、どのようにできあがったかを、おーよそ20分の間に凝縮してお話していただきました。

男鹿市(と大潟村)は、こうした地形、地質をベースにしたジオパークという取り組みをここ数年進めてきています。
その性質上、ジオパークというと、どうしても専門的な話や、学術的な話が主になりがちですが、こうした風景の素晴らしさのような切り口を探っていくことで、間口の広がりや、文化として普及が見えてくるのかもしれません。

その後はQue sera seraに移動しまして、今回の料理も担当していただく、Pecorina吉田シェフに、自身がイタリアに行って修行した時の話を交えながら、イタリアの魅力、男鹿半島の魅力について10分ほど語っていただきました。
DSC_6588

さて、いよいよランチタイムです。

●マダイのカルパッチョ 滝の頭クレソンのソースで
●焼き野菜のマリネ バルサミコ風味
DSC_6620

●マダイのラグー タリアテッレ(手打ちパスタ)
DSC_6703

●ローズマリーのフォカッチャ(平焼きパン)
※すみません、写真なし

●マダイの香草オーブン焼き
DSC_6668

●デザート盛り合わせ
 生チョコレートのケーキ
 カッサータ・イタリアーナ いちごのソース
 (イタリア風アイスクリーム ドライフルーツとナッツ入り)
 甘夏と寒波祖グレープフルーツのジュレ
  晩柑のマーマレード添え
DSC_6683

●Que sera sera オリジナルブレンドコーヒー

これに、おのおのドリンクを注文していただきました。

今回の会場である、Que sera seraは、もともと民宿をやっていた建物で、それなりに年期は入っていますが、それ故に昔ながらの風情があります。
そうした場所で、イタリアンを楽しむというのも、なかなか風情があります。
DSC_6700

イタリアンが好きな人の中でも、いかにもイタリア料理店という建物のなかで、いたせりつくせりのサービスを受けるのが好きな人と、純粋に料理の味を求める方と様々です。

今回の企画は、もちろん後者の方に入るわけですが、自分が住んでいる地域とイタリアの関係性や、シェフ自らの料理以外のイタリア話を聞いてから、その料理を楽しむというのも面白いスタイルなんじゃないかと思います。

料理というのは、いついかなる場合も文化と深く結びつくものですし、食材の善し悪しや、シェフの腕前以外の部分でも楽しめるのが、歴史のある国(日本やイタリア)ならではの食事の楽しみの一つだと思います。

ただ、イタリアンを楽しむだけならば、余所でも幾らでもできると思いますが、こうした文化的な部分まで踏み込んでいくのも大事なことだと感じています。
DSC_6648

サイクルアクティビティ男鹿2014 No.3 北浦

今年3回目のサイクルアクティビティ男鹿2014 北浦を開催いたします。

今回は特別にサブタイトルがありまして「自転車 X 珈琲 X 座禅」です。

●日程 :2014年6月28日(土)
●集合 :9時30分 男鹿市北浦 雲昌寺(秋田県男鹿市北浦北浦字北浦57)
●目的地:雲昌寺、金栄堂
●解散 :12時00分 北浦で解散の予定

今回は町中を走るショートコースでの開催ですのでフツーの買い物自転車(いわゆるママチャリ)でも参加OKです。

スタート地点は今回いつもと違います。
北浦の雲昌寺に直接集合となりますのでお間違えの無いように。

DSC06513

自転車の運搬方法など、それぞれのケースでご相談に乗りますので、ご連絡を。
もちろん、距離を乗れる方であれば、直接自走してくるのも楽しいかもしれません。

雲昌寺は、住職さんが丁寧に世話をしているあじさいで有名なお寺です。
この時期は見事に咲き誇っているはずです。

DSC06500

北浦はけっこう標高差がある場所ですので、まず最初に山側に登っちゃいます。
そこから、秋田市側から見るとちょっと表情の違う寒風山や真山、本山の姿を堪能しつつ、再び北浦の町の中に降りていきます。

北浦は男鹿市の中でも最も歴史のある町の一つですので、それを感じられる場所を巡りつつ漁港の方に向かいます。

漁港からは、遠くは白神山地から八峰町に続く海岸線を見ながらのシーサイドコースをゆったりツーリング。

再び雲昌寺に戻ってくる坂の入り口に、北浦唯一のお菓子屋さんである金栄堂があります。
ここで、お菓子をたっぷり買い込んじゃいましょう。

雲昌寺に戻りましたら、咲き誇るあじさいを眺めつつ、買ってきたお菓子と飲み物でミニパーティ。
ここでは五里合琴川の「こおひい工房 珈音」のマスターに来ていただいて、アイスコーヒーのアイスドリップをお願いしております。
珈琲好きな方でも、アイスドリップはいろいろコツがあるようですので、興味のある方はぜひプロの技を見せてもらいましょう。

最後は座禅。
予定としては20分ほどの予定。
主催者も全くもって初体験のため、どんな心持ちになるのか、今から楽しみです。

●コースマップ

●定員 :20名
●参加費:1,500円(1珈琲 or 1ドリンク含む)
※中学生以下はドリンク代500円のみ。
●自転車:制限なし

●申し込み方法
メール、お電話もしくはFacebookにてお申込みください。
その際、お名前、住所、連絡先電話番号、メールアドレス、自転車の種類(ロードバイク、MTB等)をご連絡ください。

メールアドレス:infogalia@ogalia.com
電話番号:050-7301-7514
Facebook:松橋和久

●保険について
サイクルアクティビティ男鹿では、今年はスポーツ保険等には加入しておりません。
少人数で適当な金額の保険が見つからないこともありますが、日常的にスポーツバイクに乗られる方々には、個人的に通年の自転車保険に加入することの方がメリットが多いという判断もしています。

いくつかオススメの自転車保険をピックアップしておりますので、ご参考に。

ドコモ サイクル保険
自転車向け保険「ケガの保険 Bycle」
CYCLE 自転車の保険
チューリッヒ・スーパー自動車保険(自転車の特約)

●その他
・サポートカーを用意しまして、全体の様子を見ながら移動します。
 クーラーボックスも積みますので、食料含め若干の荷物を預けてもらって結構です。
 怪我、病気(熱中症)時の対応、急ぎの搬送も行います。

・必要なモノ
 自転車に乗る服装で、ヘルメット、グローブはなるべく装着してください。
 整備された自転車で、ライト、ベル、後方反射材の装備をお願いします。
 飲み物(水、スポーツドリンクなど)
 食べ物(必要に応じて)
 タオル、日焼け対策等は任意で。

 他にも必要と思うものは持参ください。荷物になる場合は車に積みますので。

●年間スケジュール
7/26(土) 船越(お菓子や巡り)     ←ママチャリOK
9/ 6(土) 戸賀(ケ・セラ・セラでイタリアンランチ)
9/28(日) 加茂青砂(シーフードBBQ)
10/19(日) 男鹿一周(お寺巡り、補給食ランチ)
11/ 8(土) 船川(紅葉の大龍寺)     ←ママチャリOK

イタリアン de 鯛フェスタ In 男鹿 Vol.2 開催のお知らせ

男鹿の新緑を見ながら、青い海風を受けてイタリアを感じてみませんか?

珍しい起伏に富んだ戸賀湾周辺を、今春誕生した認定ジオパークガイドとイタリアで修行を積んだシェフ吉田がイタリア話なども織り交ぜながらご案内します。
その後は海の見える高台のレストランで、地元食材を使ったイタリア料理をコースでお楽しみいただけます。
italian_de_taidfes_oga2

〈日 時〉
 6月5日(木) 11:00~14:00

〈場 所〉
 男鹿半島 八望台駐車場 集合
 その後 レストラン(ケ・セラ・セラ)へ移動して昼食

〈参加費〉
 3000円

〈問い合わせ・申し込み〉
090-6786-2113(ケ・ セラ・セラ 工藤)
070-5327-0141(ペ コリーナ 吉田)
Mail:infogalia@ogalia.com

イタリアン de 鯛フェスタ vol.1 フォトレポート

5月27日。
男鹿のマダイをイタリアンで満喫していただく「イタリアン de 鯛フェスタ」を昨年に続きまして開催いたしました。

今年の会場は、この3月から秋田駅前で営業を始めたばかりのレストラン「オステリア ムーリベッキ
ウェディングに併設されているレストランということで、かなりの広さがありまして、今回は41名の方をお迎えすることができました。
DSC_6117

スタートは7時からですが、開場時間の6時半から、テラスにウェルカムドリンクをご用意いたしました。
当日は天気も良く、夕暮れに空の下で、ちょっとドリンクをいただきながら、カクテルタイムでお楽しみです。
DSC_6109

DSC_6144

今回はミニコンサートからスタートです。
フルート演奏は岡田恵美子さん。
ピアノ演奏は赤田貴子さん。
DSC_6211

以前に開催した廃校イベントでも演奏したいただいたお二人です。
前回のイベントの時も、たいへんご好評をいただきまして、機会があれば是非もう一度お願いしたいと考えていたところでした。
素敵な演奏で、イベントの雰囲気を作ってくださったお二人に感謝です。

このほかにも、イタリアの写真と男鹿の写真を交互に写したスライドショーを流して、雰囲気作りを工夫してみました。
みなさん料理やお酒、音楽に夢中で、熱心に御覧なられた方は…

今回のメニューは4品

アンティパストミスト(前菜の盛り合わせ)
DSC_6282

プリモビアット(ペンネ・アマトリチャーナ)
クレソンは男鹿鮪川産です。
DSC_6348

セコンド(真鯛のアクアパッツァ)
DSC_6361

デザート
(シチリア岩塩入りジェラート)
写真に取り損ねました。申し訳ないです。
お店には常時14種類ものジェラートがあるそうなので、次の機会にはぜひお試しを。

そして食後のコーヒー。

なんと言ってもメインは男鹿産マダイを使ったアクアパッツァ。
大きなマダイを一匹そのまま調理した姿は豪快で食欲をそそる最高の一品でした。
もちろん、このまま食べるわけにはいかないので、きちんとお店のスタッフが取り分けてくれるわけですが、みなさんスマホやカメラを取り出して、楽しそうに撮影していた姿が印象的です。
DSC_6376

一通り食事も落ち着いた頃に、今回は男鹿に関したクイズをご用意しました。
問題は全部で7問。
それぞれに貰って嬉しい賞品もご用意いたしました。
DSC_6389

けっこう趣向を凝らしたクイズに挑戦いただきましたが、予想以上に正解者が多かったこともあり、最後にはジャンケン大会になりまして、何名かの方に賞品を送らせていただきました。
以下のお店に賞品を提供していただきました。
DSC_6457

男鹿のうめものカフェ・ランチQue sera sera(ランチ・チケット)
グルメストアフクシマ(商品券)
こおひい工房 珈音(ドリップパック)
里山のカフェににぎ(ランチ・チケット)
元湯 雄山閣(入浴券)
諸井醸造(しょっつる十年熟仙)

途中、ムーリベッキのイタリア人スタッフとそのご家族の方が着物姿で登場。
みなさん、日本の伝統衣装を着られてすごく嬉しそうな表情で、会場を盛り上げてくれました。
私たちがイタリアをモチーフにして活動するのと同様に、イタリアの方々に、日本のコトを伝える機会を作れれば素敵ですね。
DSC_6314

この日料理を提供いただいたシェフのお二人からもご挨拶をいただきまして。
日本とイタリアの二人のシェフに大きな拍手をいただきました。
DSC_6477

終了直前にも、始めに演奏いただいたお二人に再登場いただきまして、会を締めくくる素敵な演奏をいただきました。

ご参加いただいた皆様には、おおむねご満足いただけたようで、みな笑顔で会場を後にされたのがとても印象的でした。
もちろん、まだまだ至らない点などはございましたが、今後もこうしたイベントを続けられるように頑張っていきたいと思っております。
DSC_6520